借金の返済で生活が破綻する前に

もしも借金返済ができない状況になったら、それは早く対策をしなければいけません。
クレジットカードやカードローンなど、現代は手軽に借金できる方法がいくつもあります。
しかし収支のバランスが崩れると、たちまち返済に行き詰ってしまうのが借金の怖いところです。
借りるときは手軽でも、返済は決して簡単ではないのです。

 

借金を返済できずに放置することは可能でしょうか。
残念ながら、それはできません。
返済が滞ると督促が始まります。
最初は「返済が遅れているようですが〜」と丁寧に電話がくるでしょう。
電話は入金がなければ何度か続きます。
そして督促状が郵送されます。
それでも返済しなければ、直接家まで取り立てが来る場合もあります。
その後は法的手段として訴えられて、裁判所から出廷命令を受け、結果的に支払う能力がなければ給料や財産の差し押さえをされてしまいます。

 

借金は返すのが前提となっています。
借りたものは返さなければいけないのです。
しかし事情があってどうしても返済が困難な状況になってしまった場合には、決して放置せず、なるべく早く専門家に相談して最良の方法を取るようにしましょう。

 

借りるときには「大丈夫!」と思っていた返済計画も、状況の変化で思うようにならないこともあります。
病気やケガ、会社の倒産、取引先の倒産、不景気の煽り、原因は様々ですが、返済が困難だと感じたところですぐに専門家に相談することで、最悪の状況を免れることが可能かもしれません。
生活が破たんする前に債務整理を行うなど、早め早めの対応が重要ですね。

借金返済ができない場合

何らかの理由で借金をして、返済が困難になってしまった場合。
ほとんどの方が返済するために奔走します。
借金を返済するためにさらに借金をして、雪だるま式に借金が増えることは多重債務者に多いパターンです。
そうなると数社の1ヶ月の返済額が大きくなってしまうため、返済できるのは利息分だけとなり、元金が減らない返済生活が始まってしまいます。
それでもかなり大きな金額になってしまうので、生活するためにさらに借金を増やす場合もあるでしょう。
元金が減らない借金は、永遠に続きます。
そうなると、何のための返済なのか、何のための収入なのか、もう正常な考え方はできなくなってしまうかもしれませんね。

 

そうなる前に法律の専門家に相談することをおすすめします。
相談して債務整理を行った方の多くが、
「なぜもっと早く相談しなかったんだろう」
と、口を揃えて同じことを言います。
それだけ、苦しみから脱したときの開放感が大きいということですね。

 

借金ですから、返済するのは当たり前です。
しかし返済できない状況でどこまで頑張っても、よほどの打開策でもなければ完済に繋がることは難しいでしょう。

 

しかし、そうなると、
「どの時点で相談すれば良かったのだろう」
という疑問があるでしょう。

 

相談する時期として『借金返済のために借金をしてしまったとき』、或いは『利息しか返済できなくなったとき』でしょう。
「まだ大丈夫」「持ち直せる」「もう少し頑張ろう」
持ち直す具体的な対策がない限り、非常に難しい問題でしょう。

 

早め早めに専門家に相談しましょう。

 

借金返済でお困りならコチラ