借金返済が困難になるとどうなる?

借金返済が期日に遅れると、当然貸金融業者から電話が来ます。
借金は返済することが前提で、契約の元に借り入れしているのですから、返済が滞ると連絡が来るのは当たり前です。
自宅や勤務先への電話も来るでしょうし、請求書や督促状などが郵送されることもあるでしょう。
返済の遅延が長くなるにつれて、督促の内容は過激になる傾向にあるようです。

 

しかし借りた物を無断で返さないわけですから、先方が怒るのも当然です。
取り立てに苦痛を感じたりプレッシャーになることもあるでしょうが、返済しなければ状況は悪くなる一方です。
家族にも取り立て行為が及び、迷惑をかけることになり兼ねません。
心理的に追い詰められる場合もあるでしょうし、逃げたくなることもあるかもしれません。
しかし借金を踏み倒したり、夜逃げをしても何の解決にもなりません。
社会性を捨てて生きていくことに比べたら、借金と向き合う方がよほど現実的です。

 

つまり、借金を無断で返さない状況から抜け出せば良いのです。
正当な法的措置をとって、きちんとした形で借金を整理すれば良いのです。
債務整理』と言って、借金を整理することができるのです。
任意整理では金利をカットしてもらって返済を可能にし、自己破産では全ての借金を免除してもらうことができます。
やり方は債務者に合った形を判断してもらい、ご本人の希望も伝えて決められます。

 

借金返済で追い込まれた状況になったら、まずは債務整理を得意としている弁護士や司法書士に相談をしましょう。

相談するタイミング

誰しも借り入れをするときには、「返済は大丈夫!」と思っているでしょう。
しかし状況が変わったり、「大丈夫!」と思っていたのに難しかったりすることもあります。
そんな、借金の返済が難しい状況になった場合、どのタイミングで相談をしますか?
ある程度は我慢したほうが良いのでしょうか・・・。

 

借金の返済が行き詰まるのは、余程の理由でもない限り決して突然のことではありません。
できるだけ早い段階で相談したほうが良いでしょう。

 

・借金が増えてしまい実状が見えなくない
・過払い金の有無
・返済が困難
など、借金に関するお悩みがある場合には、まず民間の支援団体に相談するのが良いでしょう。
ボランティアなので費用の心配はありません。
借金返済のためのアドバイスや援助を受けることができます。

 

また、悪徳業者から借金をしてしまい取り立てなどに悩んで苦しんでいる場合には、警察に届けるようにしましょう。
借金をしたら返済をするのは当たり前ですが、脅迫や暴力による取り立ては違法です。
但し、取り立ての仕方によっては、原則の民事不介入により警察から手立てをしてもらえない場合もあります。
取り立てにはガイドラインがあり、違反行為は許されません。
また、貸金業規正法に違反している場合もありますので、いずれにしても毅然とした対応が望ましいでしょう。
取り立ての際、暴力を振るわれてケガをしたり、精神的に追い込まれるなど、病院を受診した場合には必ず診断書をもらっておきましょう。

 

借金の返済に困って、返済のために更に借金を重ねるような悪循環になる前に、正式な機関に相談をしに行きましょう。
万が一、そのような悪循環に入ってしまっている場合、それは一刻の猶予もない状況だと捉え、速やかに相談をしてください。

 

借金返済でお困りならコチラ