借金総額を把握していますか?

借金をする時には返済計画をしっかり立てている方もいるでしょうし、「支払っていける!」「大丈夫!」と思っている方がほとんどでしょう。
しかし、実際に借金の返済をしていくことは、それほど簡単なことではありません。
初めのうちは計画的な返済も可能ですが、借金が増えたり、消費者金融会社の契約数が増えたりすると、計画どころではなくなってしまいます。
計画性を持って借金返済していくためには、第一に借金の総額をしっかりと把握しておくことです。
例えば、新たに借金を増やすとき、現在の借金総額がいくらなのかを把握していることは絶対に必要です。
借金総額は、借り入れした元金のことではなく、全て支払い終わるまでの利息も含めた金額です。
「借りた分だけで良くない?」と思う方もいるかもしれませんが、利息を含めると元金とは全く異なる金額になることを忘れてはいけません。

 

借金の返済ができる金額は、借り入れできる金額とは違います。
借金には利息が付きます。
返済が可能かどうかを判断をする場合、利息分も合わせて考えなければ算出することができません。

 

そして借金返済が可能かどうかのラインとして、年収の20%を目安にすると良いでしょう。
借金が年収の20%になると非常に危険で辛くなります。
気を付ける時期として、借金総額が年収の10%を超えるあたりでしょうか。
借金を整理する意識を持つ必要があります。

 

借金の苦しさは、余程のことでもない限り、突然やってくるものではありません。
自転車操業になっている時点で、破たんは目前だと考えられますね。
ですから借金の総額をしっかりと把握して、過剰な借金はしないということが重要です。

 

借金総額を把握してください。

借金返済シュミレーションのすすめ

計画的な返済を行うためには、まず現状を把握することが大切です。
借金をしたときに返済計画を立てるのがベストですが、それをしなかった場合には今すぐにでも返済シュミレーションをして現状を把握しましょう。

 

ネット環境があれば返済シミュレーションができるサイトがありますので、簡単に行うことができます。
スマホでもOKです。
『借入金額』『金利』『月々の返済金額』が分かれば、返済総額や利息で支払う金額が計算されます。
このシュミレーションは、これから借金をするという前に行えば、返済額などを知ることができます。
借金返済の詳細を把握するために活用することをお勧めします。

 

サイトの中には『借金の減額方法』や『返済可能な金額』などの診断ができるものもあります。
インターネットですので匿名で診断することが可能ですし、個人情報の入力もないので、弁護士にも訊きづらい方には最適ですね。
ご自身に合った債務整理の方法を誰かに相談することなく知ることができるので、弁護士や司法書士に相談に行く前に試してみるという使い方もできます。

 

シミュレーションで現状の把握ができたら、返済についてご自身でよく考えてみましょう。
すでに返済が困難な方の場合、限界になる前に債務問題に向き合って、無理を通すより専門家に相談すると良いですね。
経験豊富な弁護士や司法書士に相談すれば、そこからは債務問題の解決に向けてどんどん進んでいくでしょう。
借金に追われて生活もままならず、支払いに困窮して苦しむ生活から抜け出すことができるのです。
まずは行動を起こすことです。

 

費用の心配をする方がいますが、費用は着手金と報酬金のみです。
それらの支払いも分割払いが許されますので心配は要りません。
手続きを取ることで現在返済している借金が軽くなるので、費用の支払いは心配要りません。

 

まずは借金返済シュミレーションをして現状を把握し、必要に応じて専門家に相談すると良いですね。
無料相談がありますので、堅苦しく考えるより行動に起こしてみましょう。

 

借金返済でお困りならコチラ

 

《多重債務からの脱却》

 

 

クレジットカードを何枚も持っているという方は多いでしょう。
今はポイントカードなどにもクレジット機能が付いているケースが多く、クレジットカードとしての利用がなくても「『持っている』だけなら何枚もある」という方が増えています。
しかし、その何枚ものクレジットカードを利用して買い物やキャッシングをしたり、それ以外の金融機関からも借金をし、借金が重なった状態になっている方も多くなっているのが現状です。
そのように借金が重なってしまった状態を『多重債務』と言います。

 

 

車のローン、住宅ローン、クレジットカードの使用など、一般的に珍しくないことであっても、無計画にお金を使っていると簡単に多重債務の状況に陥る恐れがあります。
大切なのは『返済計画』です。
「きちんと返済できる計画」があれば、多重債務で苦しむことはありません。
これができれば悩むことなどないのです。

 

問題は、返済が困難になってしまった状況です。
それは、悩んでいるほとんどの方にとって「まさか」の状況であり、そんなことになることなど想定もしていなかったでしょう。
しかし借金をしたのは本人であり、返済できないのも本人です。
つまり『身から出た錆』というわけです。
悩んだら、まずは借金返済をするための借金をしないこと、借金を増やさないということです。
借金しなければ返済ができない状況は、既に自分で何とかできる状況ではありません。
法律事務所の無料相談で相談しましょう。

 

 

多重債務の解決方法は、ケースバイケースで対応が異なります。
その方に合った解決方法をアドバイスしてもらえますので、借金に関する全てをお話しして相談しましょう。

 

 

・借金の総額
・収入(給与か自営業か)
・借入の名義
・長期間に渡る借金の場合の金利(過払い金の発生の有無)
・財産の有無(不動産など)
・過去の債務整理(自己破産など)

 

 

上記の内容によって解決方法を判断します。
自己破産、個人再生、任意整理のいずれかの方法を執り、過払い金請求ができるかを調査してもらいます。