借金返済で気を付けたいこと

お金を借り入れすると、翌月からは借金の返済が始まります。
その場合、例えば1万円の返済をして「借金が1万円減った」と思っていませんか?
金融業者などに借金をした場合、返済額の全てが借金の元金返済に充てられるわけではありません。
ほとんどの方はお分かりでしょうが、借金には利息が付きますので返済額は優先的に利息に入金されてしまいます。
返済額のうち、その月の利息に充てられた残金が元金返済に充てられるのです。
ですから、利息だけを何ヶ月も返済したとしても、借金はなくなりません。

 

複数の金融業者から借金をしている方が陥るのがこのパターンです。
複数の借金があると、月々の返済額も大きくなってしまいます。
そうなると入金できない金融業者も出てくるため、電話などで督促されることになってしまいます。
督促されることを避けるために、元金が減らないことを知りつつ利息だけを入金してしまい、いつまで経っても借金がなくならないケースがこのパターンです。
しかし借金はいつかは完済したいと思いませんか。
完済を目指すのであれば、その場しのぎに利息だけを入金してはいけません。
もしも借金返済が利息入金だけの状態になってしまったら、すぐにでも借金の整理を行わなければいけません。
複数の借金を金利の低い金融会社1社にまとめたり、低金利のところで借り換えするなど、自分に合った方法で整理することをおすすめします。

 

多重債務者は借り換えが困難だったり、1社にまとめることができない場合もあります。
そして、そのようなケースで注意が必要なのが悪徳業者の存在です。
借り入れ件数が多くなり返済が困難な状況でも貸し付けできる場合には、悪徳業者を疑ってください。
そして、弁護士など法律の専門家に相談をすると良いでしょう。
借金返済の路頭に迷いそうになったら、専門家の手を借りて債務整理を行うことをおすすめします。

借金返済をFPに相談!

借り入れするときには返済計画を立てて「大丈夫!」と思っていても、状況が変わったり計画通りにいかないことで借金の返済に困ってしまうこともあるでしょう。
そんなとき弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談する方は多いのではないでしょうか。
しかし「まだ専門家に相談するほどでもないんだよな・・・」という方にとっては相談しにくく、結果的に状況が悪化してしまう場合もあります。
そんな場合には、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談すると良いでしょう。

 

FPに借金のことを相談するということは、あまり馴染みがないかもしれませんね。
FPは法的な手続きを行うことはできませんが、金銭管理についての的確なアドバイスをしてもらうことができます。
例えば、借金が頻繁で借金グセになっているという方への『借金をしない生活を送る方法』や、借金の返済が上手くいかない方への『家計の見直しと返済額のバランス』などのアドバイスをもらうことができます。

 

既に返済が不可能で債務整理をしなければいけない状況になっている方や悪質業者からの借り入れなど法的措置が必要な場合には弁護士や司法書士などの専門家に相談をする必要があります。
しかし、法律云々という措置を必要としておらず、家計の見直しという観点から保険料や住宅費などのバランスを見たり、伴って借金返済の金額を捻出する方法などの相談をするのであれば、FPは最適です。
収支のバランスは借金をするときに重視する必要がありますが、同じ状況が継続するとは限りません。
どうにもならない状況になる前に、状況が変わった段階で相談するのが良いかもしれませんね。

 

借金返済でお困りならコチラ