借金の返済滞納、違法な取り立て

借金の返済が滞ると取り立てが始まります。
最初は電話があります。
返済がされなければ、電話が何度かあるでしょう。
次に郵便で督促状が送られてきます。
それでも返済がなかったり、真摯な対応が見られなければ取り立てが始まります。
但し、取り立てには法律で定められたルールがあります。
下記の行為は違法ですので、弁護士に相談するか警察に通報しましょう。

 

〇取り立て行為は、決まった時間帯以外にすることが禁じられています。
9:00〜20:00以外の時間帯の電話、FAX、訪問は禁止(*正当な理由があれば認められます)

 

〇正当な理由はないにも関わらず、債務者以外への電話やFAX、訪問をすることは禁じられています。
債務者以外の人への迷惑行為、債務者の借金について会社や近所、家族などに知らしめる行為は禁止

 

〇債務者が取り立ての訪問に退去するように意思表示した際、退去しないことは禁じられています。
自宅への取り立ては禁止行為ではありませんが、退去の意思表示に対して退去しないのは違法

 

〇債務者の借り入れやプライベートについて、張り紙や立て看板などで事実を明らかにすることは禁じられています。
債務者の借金や個人的なことについて知らしめる行為はすべて違法

 

〇債務者に対して、返済のための資金を調達するために債務者以外から借入れなどの方法を要求することは禁じられています。
債務者に、他社や他者からお金を調達して返済することを要求するのは違法

 

〇債務者以外の者に債務者の代わりに返済することを要求することは禁じられています。
債務者のみが返済義務を負うため、債務者以外に請求することは違法
(但し、債務者の家族などが肩代わりすることを自主的に申し出た場合は認められます)

 

〇債務者が債務整理を弁護士や司法書士に依頼した通知を受けても尚、債務者への返済要求することは禁じられています。
債務者が弁護士や司法書士に債務整理を依頼した段階で、債権者には通知がいき、通知を受けた後の取り立て行為は違法"

 

借金返済でお困りならコチラ