借金返済、違法な取り立てに遭ったら

借金の返済が困難なとき、「返済しなければ怖い取り立てが来るかもしれない」と想像する方もいるのではないでしょうか。
一方で、「あんなドラマみたいな取り立てがあるわけがない」と思う人もいるでしょう。
しかし、実際にドラマのような取り立てはありますし、決して大袈裟な演出ではないと経験した方には分かるでしょう。
ドラマのような取り立ては、本当に有り得るのです。

 

取り立て行為には法律でしっかりとルールが決められており、ルールを破った行為は違法となります。
違法な取り立ては、弁護士に相談するか警察に通報することでやめさせることができます。
「通報すると仕返しがあるかもしれない」と不安に思うかもしれませんが、自分の身を守るためにも行動を起こさなければいけません。

 

〇どうしても連絡が付かないなど正当な理由がないにも関わらず、9:00〜20:00以外の取り立て行為は禁じられています。

 

〇どうしても連絡が付かないなど正当な理由がないにも関わらず、債務者以外への電話やFAX、訪問をすることは禁じられています。

 

〇債務者が取り立ての訪問に退去するように意思表示した際、退去しないことは禁じられています。

 

〇債務者の借り入れやプライベートについて、張り紙や立て看板などで事実を明らかにすることは禁じられています。

 

〇債務者に対して、返済のための資金を調達するために債務者以外から借入れなどの方法を要求することは禁じられています。

 

〇債務者以外の者に債務者の代わりに返済することを要求することは禁じられています。

 

〇債務者が債務整理を弁護士や司法書士に依頼した通知を受けても尚、債務者への返済要求することは禁じられています。

 

ただし、ルールに則った取り立ては債権者の正当な権利です。
連絡があった場合にはきちんとした対応をしましょう。
逃げても解決はしませんし、返済が滞る期間が長くなれば取り立ても厳しくなっていきます。
借金返済と取り立ては、決してセットではありません。
返済が滞らなければ、全く問題はないのです。

 

借金返済でお困りならコチラ