多重債務にならないために

『多重債務にならないために』最も大切なことは、借金をする前の『返済計画』です。
しっかりとした返済計画を立て、十分に考えることで、多重債務になることが避けられます。

 

それでは『多重債務にならない返済計画』についてお話ししましょう。
借金をする予定のある方は、参考にすると良いでしょう。

 

まず返済計画に大切なのは、収入と支出のバランスです。
現状で、毎月の収入に対して支出がいくらあるのか、計算してみましょう。
支出は、必ず出ていくお金と出る可能性のあるお金を想定しましょう。
出費の多い月で考えると良いですね。
また、万が一緊急の出費があった場合に返済に充てるお金はどうするのか、ということも考えておかなければいけません。

 

次に、返済が楽にできる方法を考えます。
返済が苦痛になってしまうと、返済が滞る原因になったり、多重債務の第一歩を踏み出してしまう恐れがあります。
借金をするときには第一に返済のことを考え、家計簿をつけて無駄を削り、なるべく楽に返済できるようにしましょう。
削れる分を削って、削った分を返済に充てることで、返済期間が短縮になります。

 

また、万が一返済ができなくなったときのことを想定して、債務整理についても調べておくと良いでしょう。
早いタイミングで行動を起こすことができるかどうかは、知識があるかないかの違いです。
解決法を知っていれば、慌てることなく早めの対応をすることができます。
借金をするときには返済計画を立てることと、同時に借金についても知識も身に付けると良いでしょう。

多重債務者が減らない理由

現在、貸金融業界は以前に比べて整備されており、消費者には安全に利用できるものとなっていると言えます。
法改正により、グレーゾーン金利は廃止となり金利が安くなり、総量規制で融資が収入の3分の1を越える無理な貸付はできません。
最近はインターネットでの申し込みも可能となり、即日融資が可能な金融業者も増えました。
しかし、この状況にあっても多重債務に苦しむ人は多く、以前と比較しても減っているということはありません。

 

では、なぜ多重債務に苦しむ人は減らないのでしょう。
第一に、貸金融業者を利用する人の多くは生活の少しの不足を補うためなどに手軽に利用し、数十万円の小さい金額で借りれする人が多くなっています。
返済方法は残金スライド式リボルビング払いで、負担が小さくなっています。
毎月返済していれば、限度額内で何度でも借り入れすることができ、お金が足りないときなどにいつでも手軽に利用することができるのです。
この利用法が返済を長期化し、使えば使うほど金利が発生するため元金が減りにくくなっていく仕組みになっています。

 

このような『安易な借金』『借金をしている自覚がないこと』や『金利の発生を考慮しない』ことなどが、現在の多重債務の原因になっていると考えられます。
多重債務者の多くの人が「こんなに借金をしているつもりはなかった」「大丈夫だと思っていた」と言い、返済が困難になって初めて自分が多重債務者になっていたと気付きます。
手軽に借金ができるとしても、借金をするときはしっかりと返済計画を立てましょう。

 

借金返済でお困りならコチラ