日常の節約で貯金をするために知っておくべきこと

日常の節約で貯金をするために知っておくべきこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

貯金できない人の特徴

貯金できない人の特徴

貯金ができない人の多くは、予算を立てずに家計の遣り繰りをしています。

例えば、給料が入ったらとりあえず口座から5万円を引き出して生活費として遣い、足りなくなったら3万円引き出し、休前日には「明日遊びに行くためのお金」としてさらに2万円引き出すなど、計画性のない遣い方をしがちです。

これでは、食費や日用品費など費目別に必要な金額は分かりませんし、無駄遣いも余裕の部分も把握できないでしょう。
ですから、気付いたときには給料は全て使い果たしてしまったり、微々たる金額しか残っていないなどということになってしまいます。

貯金が必要な理由

貯金が必要な理由

では、なぜ貯金が必要なのでしょうか。

「今月無事に過ごすことができれば、それでいい」という考え方の方もいるかもしれませんね。
しかし、本当に今月さえ無地に過ごせれば良いのでしょうか。

子どもがいれば教育費もかかるでしょう。
家や自動車を購入する予定はありませんか。
旅行を楽しんだり、家具や家電を購入することもあるでしょう。

人生の中では様々な場面で大きな金額のお金が必要になることがあります。
また、家や自動車などの大きな買い物をする予定がなく、子どももいないという場合でも、将来病気やケガで仕事をすることができなくなる可能性はありますし、病気やケガをしなくてもいつかは仕事をリタイヤするときは来ます。

年金だけでは生活していくのは大変だという声もよく耳にしますし、備えるに越したことはありません。

低所得の場合

低所得の場合

ご主人の所得が低い場合や、二人の所得を合わせても低所得だという場合、貯金をするためには節約が必要ですね。
ただし、昨今では低所得が珍しいことではないということを覚えておきましょう。

つまり、多くの低所得の家庭が、それでも貯金をすることができているということです。

洋服を買わない生活

フランスのパリでは10着を上手に着回すことが当たり前だと言います。
クローゼットの中の洋服は、全て満遍なく着ていますか?
恐らく、そうではないでしょう。

全く着ていない洋服や、中には忘れていた洋服もあるのではないでしょうか。
結局、何着かの気に入った洋服を着回して、それで満足していませんか。

そうです。
ですから、本当に気に入ったものが数着あれば十分なのです。

洋服を買わずに生活してみてください。
恐らく不自由を感じることはないでしょう。

食器や調理器具を増やさない生活

クローゼット同様、食器棚の中に使っていない食器はありませんか。
また、キッチンの収納には使っていない調理器具はありませんか。

必要最低限の食器と調理器具があれば不便はありません。

食費の見直し

1回の買い物で何日分の食材を購入しますか?
また、冷蔵庫の中の食材をしっかり把握していますか?
食費は予算が決まっていますか?
ポイントやクーポン券を上手に利用していますか?

食費を削るためには、無駄な買い物しないために買い物の回数を減らすこと。
さらに冷蔵庫の中の食材を把握して、残っている食材を活かせる献立を立てること。
予算を決めて1週間単位で分けて、予算内での遣り繰りをすること。
ポイントやクーポン券があれば、上手に利用すること。

これだけで食費を減らすことは可能です。

水道光熱費の節約

照明を点けっぱなしせず、風呂の残り湯は洗濯に利用する、使わない家電のコンセントを抜き、さらに電力会社との契約を見直すなど、気を付けることがいくつかあります。

水道光熱費の節約には“小まめ”に対応することが重要です。
継続して行うことで、年間の水道光熱費で大きな差が生まれるでしょう。

固定費の見直し

固定費とは、家賃・通信費・保険料など、毎月決まった金額の支払いが必要な費用です。
固定費の場合、契約の見直しをして一度変更をすれば、長期の節約が可能となります。

節約で浮いたお金の行方

節約で浮いたお金の行方

上記のような節約をしたら、それでいくら節約できたのかできるだけ正確な金額を算出するようにしましょう。
家計簿をつけると金額が分かりやすいでしょう。

収入に対して、いくらの余裕ができたのか。
以前の生活費より、いくらお金が浮いたのか。
金額で把握することができれば、継続することへのモチベーションになるでしょう。

節約できたお金は、真っ直ぐ貯金通帳に預け入れをします。
貯金通帳は、給与振り込み用と引き落とし用、大きなものを購入するときのための貯金用、貯蓄用と分けることで、貯蓄に手を付けずに貯めることが可能となります。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12