生活費赤字からの脱出!

生活費赤字からの脱出!

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

生活費が赤字だということ

生活費が赤字だということ

生活費が赤字だということは、どのような状態のことを指すのでしょうか。
ここでの“赤字”の定義として、月々の収入で生活費が足りない状態を“赤字”とします。

例えば、ボーナスで生活費の補てんをしなければ生活が成り立たない場合や、親からの援助があって生活が成り立っている場合は、ここでは“赤字”ということになります。
結婚している場合であれば、夫婦の収入を合わせた金額が生活費となります。

赤字からの脱出

赤字からの脱出

赤字から脱出するためには、やはり努力が必要です。
最初は大変だと思うかもしれませんが、それが日常になってしまえば大変なことはありません。
赤字であることには必ず何かしらの原因がありますので、まずは原因を探ってみましょう。

家計簿をつける

家計簿をつけることでお金の流れを把握することができ、無駄遣いを発見することにも繋がります。
「自分は節約家だ!」と思っている人でも家計簿をつけてみると無駄遣いをしている場合が多く、その部分を削るだけでも赤字を脱出する第一歩になります。

固定費の見直し

家計簿をつけたら、固定費の見直しをしてください。
固定費とは金額が固定された費目のことで、家賃や保険料、携帯電話の利用料金やパソコンの通信費などを指します。

家賃は給料の30%が理想的だと言われていますが、長く続いた不景気の中、家賃は25%程度が一般的となりました。
高すぎる家賃を支払っているという方は、引っ越しも視野に入れて検討すると良いですね。

また、保険料が高額だと感じた場合には、保険の相談ができるショップで相談すると良いですね。

さらに携帯電話の料金プランに関しても、携帯ショップで相談することをお勧めします。
パソコン通信を同じ会社で契約することで料金の節約になる場合もありますので、料金プランと合わせて相談すると良いでしょう。

食費や日用品費の節約

決して高い食材を使っていない場合でも、食材を無駄に腐らせてしまったり使わない調味料を購入していては、結果的には無駄遣いとなってしまいます。
食費に関しては1週間の献立を予め立てて、食材が無駄にならないように必要なものだけをまとめ買いすると良いでしょう。

また、日用品費に関しては、安くなっているからと言って家にストックがあるにも関わらずトイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤などを購入して、家にストックが溢れていては意味がありません。
ストックは基本的に1つ(1組)とし、安いということに目が眩まないようにしましょう。

先取り貯金をする

先取り貯金とは、給料をもらったら先に決まった金額を貯金に回してしまうことです。
赤字家計にあって、ひと月生活をして残った分を貯金しようと思っていると、一生貯金なんて貯まりません。
家計簿をつけてチェックをしたら、各費目で予算を立てていくら貯金ができるのか計算してみましょう。

『収入-支出予算額=貯金額』
貯金用の通帳は貯金専用とします。

水道光熱費や通信費などの引き落としなどに使っている通帳はお金の出入りが多いため、現在の貯金残高を把握するのに面倒があります。
また、家電の購入や何かあったときに遣うための貯金も、なるべく通帳を別にして下さい。

クレジットカードの使用をやめる

クレジットカードを数枚使い分けて、買い物の際に利用している方は少なくありません。
上手に利用している人はきちんと利用状況を把握し、引き落とし金額を予算内で収めることができています。

しかし生活費が赤字になってしまう方の中には、返済のことを考慮せずに利用限度額の上限だけを意識して使ってしまいます。
「あといくらまで買い物ができる」「限度額まで余裕があるから、これも買っちゃおう!」などの発想で、返済時のことは考えません。
ですから結果的には返済時に大きな金額で引き落とされて、少しの残金で生活するしかなくなってしまうのです。

計画性を持って使用することができない場合は、クレジットカードの使用をやめることです。
確かに、クレジットカード払いをするとポイントが付きますし、明細を見れば一目で買い物したものが分かります。

しかし上手に使えない人にとっては、そのメリットが帳消しになってしまうほどリスクが大きくなってしまうのです。
クレジットカードの買い物が家計の中で負担となっている場合には、クレジットカードの使用をやめて全て現金で買い物をするようにしましょう。
これだけで家計は大きく変わるでしょう。

家計の遣り繰り

家計の遣り繰り

家計の遣り繰りは決して難しいわけではありませんが、非常に手間がかかりますし、面倒です。
しかしその手間と面倒が生活費を黒字のするのであれば、惜しまず努力をしましょう。
赤字で悩むより頑張って黒字にした方が、毎日を健やかに過ごすことができますよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12