貯金に関する不安

貯金に関する不安

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

貯金は人それぞれ

貯金は人それぞれ

貯金ほど、個人差があるものはないかもしれません。
収入が高くても貯金がほとんどない人もいますし、収入が低くてもしっかり貯金している人もいます。
『いくら貯金しなければいけない』という決まりはありませんし、貯金に関する正解は人それぞれでしょう。

給料から残った分を最後に貯金するという方。
給料をもらったら先に決まった金額を貯金するという方。
毎週小分けした生活費から、残った分を小まめに貯金するという方。
500円玉貯金をしているという方。

貯金の仕方は様々です。
どんなやり方であっても、貯まればそのやり方が合っているということかもしれません。

貯金できない不安

貯金できない不安

しかし、貯金できないことで不安を抱えている方も少なくありません。

・収入が低くて貯金にまで回るお金がない。
・浪費癖があって貯金できない。
・お金が貯まるとすぐに遣ってしまう。

貯金できない原因も様々でしょう。

若い頃には、貯金がなくても不安に思うことは少ないでしょう。
その日、その月を無事に過ごすことができれば、大きな問題はないのかもしれません。

親御さんに頼ることができたり、買いたい物があれば数か月で予算の金額を貯めることもできるでしょう。
将来のための貯金をしている方もいるようですが、貯金額に不安を感じることは少ないようです。

思うように貯金ができないことに不安を覚えるのは、必要な金額が明確になるからです。
例えば、『友だちとの旅行費用を貯めなければいけない』『クリスマスまでに買いたいものがある』『結婚資金を来年までに貯めたい』『出産費用が必要』『子どもの教育費のために貯金したい』『老後の資金を貯めなければいけない』などなど。

具体的な目標となる金額があれば、貯まらないことに不安を感じることもあるでしょう。

貯金依存症の不安

貯金依存症の不安

しかし、具体的な金額の目標もなく、どんなに貯金をしても漠然とした不安を感じる方がいます。
同年代の方の中では高額な貯金額であっても、毎月確実に貯金額が増えていても、どれだけ貯金をしても、不安が拭えない。
もしかしたらそれは『貯金依存症』かもしれません。

貯金することに固執し、貯金することに安心感を覚え、しかしどんなに貯金をしても「もっと貯金しなければいけない」と拭えない不安感があります。
背景には、過去にお金に関するトラブルやお金で苦労をした経験がある場合があるでしょう。
中には、親の愛情を満足に受けることができなかった幼少期を過ごした方や、虐待の経験がある方など、愛情に枯渇した状態である場合があります。

そのようなケースでは、貯金依存症の真逆の『買い物依存症』や『浪費癖』など、お金を湯水の如く遣う場合もあります。
貯金することは悪いことではありませんが、そこに不安が伴っている場合は診療内科や精神科を受診することをお勧めします。

お金を活かすということ

お金を活かすということ

お金の価値を活かすことができる方は、貯金をしても消費しても生産性があります。
貯金をするということは生きていく上で必要な場面がありますし、非常に重要で大切なことです。
将来のことを考えれば、貯金があった方が安心ですね。

また、結婚をしたり子どもが生まれたりすると、家族に対する責任を担うことになりますので、家族の将来も考える必要があります。
そのためにはある程度の貯金が必要になりますし、万が一に備える必要もありますね。

生活をするためにお金を遣うのは当然のことです。
お金を全く遣わずに生活することは不可能です。

しかし、衝動的に次々買い物するような遣い方には、全く生産性がありません。
逆に、必要なものまで我慢をして何が何でも貯金をし、それでも貯金額に満足できないという貯金の仕方にも、生産性を感じることはできません。
いずれも、『買い物するだけ』『貯金するだけ』に夢中になり、生活全体が見えていない状態だと言えるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12