会社に副業がバレたら・・・

会社に副業がバレたら・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

副業の目的

副業の目的

副業の目的は、ほんとどが『本業以外の収入を得るため』です。
生活費の補てん、子どもの教育費のため、親の面倒を看るため、などがあり、安易に借金をするよりは発展的な考え方だと言えますね。

中には、借金返済のために副業をやっているという場合もあるでしょう。
また、旅行のため、家や自動車を買うため、レジャーのため、将来のための貯金をするなど、目的は様々です。

副業で得られる収入は職種や働く時間にもよりますし、働き方にもよります。
ですから数千円ということもあるでしょうし、数万円、数十万円ということもあります。

会社の就業規則

会社の就業規則

ご自分が勤める会社の就業規則をご存知でしょうか。
副業を始めるに当たって、まず確認しなければいけないことに、本業の会社に就業規則があります。

会社によって副業に関する規則は異なり、『副業禁止』の場合もありますし、『副業には許可が必要』という場合もあります。
副業について一切触れていない場合には、会社に確認すると良いですね。

『副業禁止』の場合、副業をしていることがバレると、懲戒処分になることもあります。
処分がなかったとしても、肩身の狭い思いをすることになるでしょう。
バレてから後悔しても遅いので、必ず確認をしてから行うようにしましょう。

副業を禁止する理由

副業を禁止する理由

会社が副業を禁止している場合、その理由にはどんなことがあるのでしょう。

会社は闇雲に副業を禁止しているわけではありません。
会社側にしてみたら、毎月給料を支払って社員の生活を保障しています。
できるだけ持てる力と仕事で発揮し、会社の発展に貢献したいと考えるのは当然のことでしょう。

また、社外のトラブルは避けたいと考えますし、情報の漏えいなどがあってはいけないとも考えるでしょう。
このような理由で副業を禁止し、社員を管理しているのです。

本業の収入

本業の収入

しかし、会社が副業を禁止する一方で、思うように給料が上がらないのも現実です。
勤続年数が長い割りに収入が増ないケースや、ボーナスがカットになり年収が減少したケースなど、将来の不安を抱えている方も少なくありません。
長期に渡る不景気は、会社に対する期待値も下げてしまったと言えるでしょう。

その場合、副業を禁止する会社を「無責任だ」と感じる方もいるようです。
「自分と家族の将来を守るためには、もっと収入が必要だ」と、非常に現実的に現状を捉えた場合、副業に踏み出すことになるのかもしれませんね。
実際に、「副業で生活が楽になった」という方は非常に多く、本業で足りない分の収入を副業でカバーしている方は少なくありません。

副業が会社にバレたら

副業が会社にバレたら

しかし、とは言え、副業禁止の会社に副業をしていることがバレた場合、焦らない人はいないでしょう。
「生活費が足りないから仕方がないだろう!」
「だったらもっと給料を上げてくれ!」
などと言える人はいるでしょうか。

副業禁止の会社の場合、規則を破って副業をした方に非があります。
会社に責任を擦り付けることはできませんね。

副業がバレたことで“即解雇”という場合もあります。
厳しいようですが、職種や会社の規模によってはそういうこともあるのです。

しかしほとんどが、副業をやっていた理由を聞かれたり、今後どうするつもりなのかを確認されるでしょう。
「会社に残って副業を辞めるのか、それとも会社を辞めるのか」という選択を迫られることもありますし、副業を辞めて本業に力を入れることを説得される場合もあるかもしれませんね。

いずれにしても規則を破ったことは謝罪しなければいけません。
選択肢がある場合には、感情的にならずに冷静に考えて結論を出しましょう。

副業がバレる原因

副業がバレる原因

例えば、副業がコンビニエンスストアなどの接客業であった場合、誰に見られているかは分かりません。
会社の人、取引先の人、会社の人の家族など、見られてマズイ人は少なからずいますよね。

しかし「バレるはずもないのにバレてしまった」ということもあるでしょう。
それはもしかしたら、副業先の給料の申告が原因かもしれません。

副業で年間20万円以上の収入がある場合、必ず申告が必要です。
申告をすると税金に影響するため、本業の会社に知られるケースがあるのです。
副業が、日払いで素性を知られることのない仕事の場合は、バレる心配がないかもしれませんね。

本業の会社にバレて、解雇になってしまっては本末転倒です。
必ず就業規則を確認して、副業禁止の場合はよく考えましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12