家計を見直して生活苦を抜けだそう

家計を見直して生活苦を抜けだそう

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

お金とは

お金とは

「お金が好き」「お金がほしい」という言い方は、日本ではあまり好ましくないかもしれませんね。
確かに、品のない言い方です。

しかし本心ではほとんどの方が「お金が好き」「お金がほしい」という気持ちを否定できないのではないでしょうか。
そのことをいつも意識しているか、していないかの違いはあるにせよ、そう思っていますよね?
しかしこんな言い方は品がなく、不快感を覚える方もいるでしょう。

では、『生きていくためにはお金が必要だ』『衣食住、全てにお金はかかるから、お金は絶対無くてはいけないものだ』という言い方ではどうでしょう。
素直に肯定しやすいですね。

日々の生活において人並みの生活をするためには、衣食住は必要不可欠です。
衣食住は、人が人として生きていくために最低限必要なものだと言われています。
この必要最低限のものを叶えるためには、絶対にお金が必要なのです。

お金は稼ぐことができ、稼ぐことで日々の生活を成立させます。
最低限必要なものから娯楽と呼ばれるものまで、全てはお金がなければ叶えることができません。
裕福であることは人間の尊厳を守り、そして心の余裕まで与えてくれます。
ただし、豊かな生活をするためには、ただお金を稼ぐだけでなく、家計を管理する必要があるのです。

実際に、高額な年収を稼いでいる方であっても、『生活はカツカツ』『一切、貯金はない』という方がいます。
また、低所得者であっても、『十分な生活をしています』『貯金もありますよ』という方もいます。

どんなに年収が高くても、湯水の如く何も考えずにお金を遣っていては収入が支出に追い付きません。
大切なことは、収入に見合った生活をするということです。

家計簿効果

家計簿効果

現在、生活苦だという方は、まず家計簿を付けてみましょう。
数ヶ月家計簿を付けてみれば、お金の流れを把握することができますので、無駄遣いも見えますし、費目別のお金をかける割合も知ることができます。
そして無駄遣いや節約できるポイントを見つけて家計を見直し、一ヶ月の家計の予算を立てます。

無理な予算の立て方をすると、あっという間に挫折してしまいますので、現実的な金額を設定しなければいけません。

借金をするということ

借金をするということ

生活苦にあって借金をしてしまうと、翌月からの返済が困難であることは目に見えています。
借金は返済しなければいけないものです。
つまり、ただでも生活苦の家計にあって、さらに返済しなければいけない借金がある状況は、苦しくないわけがないのです。

借金をする場合には、翌月からの返済が可能かどうかをよく考えなければいけません。
「何とかなるだろう」と言う方がいますが、お金のことに関しては『何とかしなければ』何とかなることなどないのです。
具体的な返済計画が立てられない場合には、絶対に借金をしてはいけません。

借金にはクレジットカードや銀行や消費者金融など様々な形がありますが、全ての借金には必ず『利息』が付きます。
借入した金額+利息の支払いがあるということを忘れてはいけません。
元本が減らなければ、利息が減ることもありません。

現在、様々な形で手軽にお金を借り入れすることができますが、借り入れするときほどの手軽さは返済時にはありません。
万が一借金をするときには、『返済する』ということをよく考えるようにしましょう。

既に借金がある場合

既に借金がある場合

既に借金があり生活苦となっている場合、やはり第一に家計の見直しをしてください。
家計簿を付けて、借金返済後の生活費の残金を把握しましょう。
その金額が、現在の生活費だということです。

そこから衣食住にかかる費用を差し引きます。
家計簿を付けて、どの費目にお金がかかっているかを確認して下さい。

削ることができる費目はありませんか。
家計の予算を立ててください。

給料をもらったら、返済しなければいけない金額を先に取り置きします。
返済日に合わせて入金をしましょう。
その上で生活費を袋分けします。
それで生活が可能であれば、節約しながら頑張って借金を返済していきましょう。

しかし、返済と生活の両立が難しい場合があります。
そのような場合には、債務整理を検討しましょう。
弁護士や司法書士など法律の専門家に相談をしてください。

費用の心配は要りません。
1回は無料相談を利用することができますし、債務整理にかかる費用は可能な形で分割払いをすることができます。
まずは電話で問い合わせてみましょう。

いずれにしても一歩踏み出さなければ、今の状況を変えることはできません。
前向きに検討することが重要です。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12