債務整理の専門家を選ぶ時の基準は?

債務整理の専門家の選び方

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自転車操業になったら…

自転車操業になったら…

借り入れが多くなり、複数の貸付業者からの借り入があることを『多重債務』と言います。

多重債務者の中には返済が困難になり、返済のために新たな借金をするという形で借り入れが増えてしまったという方もいるでしょう。
A社の返済をB社の借り入れで行い、B社の返済のためにC社から借り入れをして・・・。

このような状況を俗に『自転車操業』と言います。

『自転車操業』の状態になってしまったら、それはもう返済できていない状態です。
返済できていないだけじゃなく、金利が付くことで借金は雪だるま式に膨れ上がってしまいます。
借り入れで返済を行わなければいけない状態になったら、悩まずに債務整理を行いましょう。

債務整理は、返済が困難になってしまった債務者を救済するための措置で、国が定めた法律に則ったものです。
任意整理”“民事再生”“自己破産の3種類があり、債務者の状況に合わせた措置を執ることになります。

債務整理は専門家に依頼すること

債務整理は専門家に依頼すること

多重債務で返済が困難となり債務整理を考えた場合、専門家を通して行わなくてはいけないという決まりはありません。
つまり、個人が行っても良いということになっているのです。

しかし、確実な専門知識がない場合、やはり専門家を通して安全に確実に債務整理を行うことをお勧めします。

債務整理を行うには、金融業者に情報の開示を請求したり、今後の返済に関する交渉を行ったりします。

金融業者は、これまで無数の多重債務者や債務整理希望者と交渉し、法律専門家を相手に法廷で戦うことも多くあったでしょう。
そんな金融業者の人を相手に、素人が交渉をしたところで太刀打ちできるわけがありません。

専門家へ依頼をすれば多少の費用は掛かりますが、返済利息を考えれば安いものですし、分割で支払うことも可能です。。
債務整理を希望する場合、悪いことは言いませんから、ご自身でやるより専門家へ依頼した方が確実でスムーズでしょう。

債務整理の専門家とは?

債務整理の専門家とは?

債務整理に関して相談をするときには、できれば複数の事務所を訪ねて、ご自身との相性や信頼度を比較すると良いでしょう。
具体的には、弁護士、司法書士、行政書士などが、債務整理の専門家に当たります。

この中では弁護士への依頼が料金が一番高くなりますが、債務整理は金融機関との紛争となるため、問題解決には弁護士が最も期待ができます。
万が一裁判となった場合には法廷に立つことになりますが、債務者代理人として裁判に臨む権利があるのは弁護士のみとなっています。

司法書士や行政書士に依頼をした場合、裁判となれば弁護士に依頼し直す二度手間になってしまう恐れがあります。
当然、ダブルで依頼するとなれば、費用もそれだけ高く付きます。

始めから弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士を選ぶ基準

弁護士を選ぶ基準

では、弁護士を選ぶ際、何を基準に選べば良いのでしょうか?

ほとんどの方が、普段弁護士と関わる機会はないでしょうから、選び方など分からないという方が多いでしょう。
また、「知り合いに弁護士がいる」という方も多くはないでしょう。

依頼する事務所を選ぶ際には、まず債務整理を得意としている法律事務所を選びます。

さらに、法律事務所の経営が弁護士資格を持っている方であることを確認してください。
弁護士資格がない人が、債務整理のノウハウやアドバイスをして料金を請求するという例が実際にあり、いざ債権者との交渉という段階で「それはできない」となっては意味がありません。

弁護士資格を持っていなければ、債務者と債権者の代理として交渉をすることはできないのです。

ですからその場合には請求額を支払って、きちんとした弁護士に依頼し直すことになってしまいます。
そんなことがないよう、弁護士資格があることを確認してください。

その見分け方ですが、弁護士資格があれば、必ずそれを前面にアピールしているはずです。
つまりアピールがない事務所については、相談を控えたほうが良いということですね。

また、弁護士の選び方として、料金よりも弁護士の実力や実績で決めることをお勧めします。

実績が見られない弁護士の中には、金融業者と結託し、債務者の相談に乗っているふりをしながら、裏で金融業者が有利になるように交渉していく悪徳弁護士もいるのです。
まさか・・と思うことが世の中には溢れています。

見極めは、信用・信頼・実績のある弁護士です。
実績は、HPやパンフレットなどに掲載されているので、参考にすると良いですね。

債務整理を依頼する弁護士は慎重に選びましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12