債務整理をすると教育ローンは利用できない?

債務整理をすると教育ローンは利用できない?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理で気になること

債務整理で気になること

多額な借金や多重債務で返済が困難になってしまった場合、債務整理を検討してみると良いですね。
債務整理には、任意整理”“民事再生(個人再生)”“自己破産の3種類があります。

借金の状況や収入の有無、性別や年齢、家族構成など、様々な事柄を考慮して、どの方法があっているのか決めなければいけません。
債務整理は、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

しかし、相談をする前に気になることとして、債務整理をしたらローンを組めなくなってしまうのか?ということではないでしょうか。
特に、これから進学を控えているお子さんをお持ちの方は、教育ローンについて気になるところではないでしょうか。

教育ローンとは?

教育ローンとは?

お子さんが大学や専門学校などに進学する際、非常に大きなお金がかかります。

高校でも私立となれば、高い授業料や入学金がかかるでしょう。
県外の学校へ進学すれば、仕送りや住宅費、光熱費などもかかります。

経済的な理由でお子さんを進学させられないとなると、親としては不甲斐なさを感じずにはいられないでしょう。
ですから、多くの方が教育ローンを利用しています。

日本政策金融公庫の教育ローンが代表的です。
ほかにも銀行などの金融機関が提供する教育ローンもたくさんありますね。

利用には、審査を受ける必要があります。
審査に通れば、まとまった金額を借り入れして、月々分割払いで返済します。

教育ローンの借入名義人は親です。
ですから、審査は親が受けることになります。

ちなみに日本政策金融公庫とは?

ちなみに日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは2008年に設立された財務省所轄の特殊会社です。
簡単にいうと全ての資金を政府が出資している金融機関です。
名目上は株式会社の扱いとなっていますが、その株式は100%を政府が所有することになっているので特殊会社と呼ばれています。

その業務は一般の銀行とそれほど変わらず、個人や法人へと融資を行っています。
政府が出資していることから信用性の高い金融機関と言えます。

日本政策金融公庫の具体的な業務は大きく分けて3つあります。
1つは国民の生活を支援する事業です。
いわゆる小口融資であり、一般の銀行と変わりはありませんが地域の活性化を念頭においています。

2つ目の事業は中小企業向けの支援です。
こちらも一般の銀行とよく似ています。
ただ、日本政策金融公庫の目的は必ずしも利益を得ることだけではありません。
中小企業を下支えすることで地域の経済の成長に繋げていきます。

3つ目の事業は農林水産業者向けの支援です。
農林水産業は国の根本を構成する要素なので、日本政策金融公庫では重要視しています。
特に過疎化が進む市町村に対しての次世代の担い手を育成する事業に力を注いでいます。

総じて地域経済を支えることが日本政策金融公庫の大切な役割と言えます。
>>日本政策金融公庫のサイトはこちら

債務整理と教育ローン

債務整理と教育ローン

教育ローンは親が債務者となるため、申し込み~ローン審査~融資を親が受けることになり、返済も当然親が行います。
ですから、親が消費者金融などで借り入れをして、債務整理をすることで、審査に通らず教育ローンが受けられないことがあります。

債務整理をすると、その後の借り入れはできなくなってしまうので、教育ローンも例外ではないということです。

個人信用情報機関に債務整理をしたという事故情報が記録されるため、その後の借り入れは一切できなくなってしまうのです。
このような状態を、俗に『ブラックリスト』と言います。

奨学金はどうなの?

奨学金はどうなの?

では、奨学金はどうでしょうか?

親が債務整理をした場合、子どもは進学のために費用の借り入れをすることはできないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。
教育ローンは親名義の申し込みになりますが、奨学金の場合、子ども本人の名義で利用することになりますので、可能性は大いにあります。

ですから、子ども自身に借り入れ事故がなければ基本的にが奨学金を利用することが可能なのです。

ただし、奨学金の申し込みには連帯保証人が必要です。
通常、親御さんが連帯保証人になることが多いのですが、債務整理をしている場合、親御さんが連帯保証人では審査が通らないことが想定できます。

ですから、父親が債務整理をした場合には母親が連帯保証人になる、或いは祖父母や父母の兄弟姉妹でも良いでしょう。
頼める人がいれば、お願いしてみましょう。

債務整理は子どもの進学に影響するのか?

債務整理は子どもの進学に影響するのか

債務整理をすると、どこまで知られてしまうのか、知られてしまうことはあるのか、子どもの進学や結婚で不利になることはないか、など気になることはたくさんあるでしょう。
しかし、実際には子どもの人生に影響を与えることはありません。

もちろん、進学に不利になるということも一切ありませんので、ご安心ください。

また、親が債務整理をすることで、子どもがクレジットカードを作ったり金融会社から借り入れをすることができなくなるのではないか、と心配する方もいるようです。
親が債務整理をしたとしても、子どもがローンを組めないということはありません。

ですから、「将来的に住宅ローンが組めないのではないか」「車を買うときに自動車ローンを組めないのではないか」などという心配は必要ありません。

借金も債務整理も、あくまでもご本人のことです。
借金の保証人にでもなっていない限り、全く問題はないのでご安心ください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12