借金問題を弁護士に相談する前に知っておきたいこと

借金問題を弁護士に依頼する前に知っておきたいこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

弁護士に相談するタイミング

弁護士に相談するタイミング

借金があり、返済に困っているという方の中には、弁護士に相談するタイミングに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「まだ相談するほどでもないかも」
「自分で作った借金だし・・」
「ギャンブルで作った借金だからな・・」

そんな風に思って相談を先延ばしにしている方は、とりあえず電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。
『相談しようかな』と考えた時点で、返済に困っているということです。

弁護士に相談する場合、借金の理由に制限はありません。
ギャンブルであっても、浮気や不倫であっても、豪遊するためであっても、どんな理由で借金をしても弁護士に相談することはできます。

また、借金が払えなくなってしまったこと弁護士に批判されるのではないか、呆れられるのではないかと考える方もいるようですが、そんなことはありません。
借金問題専門の弁護士は、数多くの案件を今まで見てきています。
その道のプロですから、一つ一つの案件に対して、個人的な感情を抱くことはないでしょう。

ですから、安心して相談すると良いですよ。

弁護士費用の心配

弁護士費用の心配

弁護士に相談すると決めた場合、次に心配なのは『弁護士費用』ではないでしょうか。

「借金の返済に困っている状況にあって、弁護士費用などとても払うことはできない」
実は、ほとんどの方がそう考えています。

しかし一方で、借金問題に関する依頼をした方のほとんどがしっかりと支払っているのです。
支払った人は仕事を増やしたわけでも、新たに借金をしたわけでもありません。
それでも支払うことができているのです。

弁護士に依頼する債務整理は、①任意整理②個人民事再生③自己破産の3種類あります。
費用はそれぞれ異なり、確かに決して安い金額ではありません。

しかし借金問題の依頼に関して言えば、依頼者は借金まみれで悩んでいる人たちです。
それでも限りなく100%に近い確率で、弁護士費用をしっかり支払っています。

心配は要りません。
借金で悩んでいる人でも、支払うことができるということです。

弁護士費用の支払い方

弁護士費用の支払い方

借金で悩んでいる人でも弁護士費用をキチンと支払っているのには、理由があります。

第一に、ほとんどの借金問題専門の弁護士事務所では、費用の分割払いを認めています。
借金苦の人たちが相談者ですから、「無理してでも一括で払え!」などと言うことはありません。

次に挙げられる理由として、『返済のストップ』があります。

債務者が弁護士に債務整理を正式に依頼をした時点で、弁護士から債権者に受託通知を送ります。
受託通知を受け取った債権者は、取り立てや督促などと全てストップさせなければいけない決まりになっています。

それは債務整理をして、どんな形で決着が付くか分からないため、借り入れ額や状況が変わらないようにするためです。
ですから債務者は、弁護士に依頼をした時点で返済する必要もなくなるのです。

仮に月々10万円の返済をしていた場合、弁護士に依頼をした時点から返済の必要がなくなり、10万円が丸々浮くことになります。
それが弁護士費用に回されるというわけです。
ですから、全く無理をすることもありませんし、新たな借金をする必要もないのです。

仮に、個人民事再生で40万円の費用が掛かった場合、個人民事再生が裁判所に認可されて返済が開始されるまで半年ほどかかります。
その半年間は借金の返済がストップしていますので、6回払いで費用を支払いすればいいのです。
月々6~7万円の支払いをすれば、半年で全て支払うことが可能です。

詳細については弁護士と相談の上、決めると良いですね。

債務整理の弁護士費用

債務整理の弁護士費用

では、債務整理の弁護士費用の相場はいくらくらいでしょうか。
参考にしてください。

任意整理費用の相場(債務先1件の費用)

着手金=3万~4万円
報酬金=3万~4万円
減額報酬=減額できた金額に対して10~20%
過払い金報酬=払い戻しされた金額の20~25%
諸経費=5千~3万円

個人民事再生費用の相場(状況により幅がある)

総額 40万円~60万円

自己破産費用の相場

総額 30万円~50万円(状況により幅がある)

債務整理に掛かる費用は、弁護士事務所によって大きく異なり、相場はあってないようなものだと考えたほうがいいかもしれません。
上記はあくまでも目安として考えてください。

弁護士に依頼する際には、弁護士事務所のHPなどを見て金額を確認することをお勧めします。

ただし、債務整理は債務者の状況や債務の件数などにより、費用が大きく左右します。
ですから「詳細をお聞きしなければ、明確な費用はお伝えできません」と言うことがあっても、不安を抱く必要はありません。

借金問題でお困りの方は、まずは無料相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12