債務整理はどのタイミングですればいいの?

どのタイミングで債務整理をすればいいの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理してもいい?

債務整理してもいい?

返済が困難になったとき、『債務整理をする』という選択が頭をよぎるかもしれませんね。
しかし、「自分が債務整理してもいいのかな・・?」「この程度で債務整理をしてもいいの?」と不安に思う方もいるでしょう。

基本的に借金があって返済が困難であれば、債務整理をすることができます。
ただし、所有する財産を調査し、財産の処分をして借金の返済をすることができると判断された場合、債務整理が認められないケースがあります。

債務整理のタイミング

債務整理のタイミング

“財産もない”“返済も困難である”という状況であっても、債務整理の申請をするタイミングが分からないという方は多いでしょう。
「この程度で申請してもいいのかな」「もっと大変な人がやることじゃないの?」「自分が作った借金だし・・・」などと、堂々巡りに頭の中を駆け巡る方もいるのではないでしょうか。

債務整理を申請するタイミングとして目安にしてほしいことは、『ご自身の収入で借金の返済ができるかどうか』というところでしょう。
・借金の返済をすれば生活が成り立たない
・返済をするために借り入れをしなければいけない
・利息の支払いしかできない

このような状況の方は、すぐにでも専門家に相談をしてください。

債務整理の申請をする前に

債務整理の申請をする前に

時々、「生活のレベルを下げたくない」という方がいますね。
しかし債務整理をしなければいけないという状況にあっては、同じセリフを言っている場合ではありませんね。

もし、もう少し家賃の安い住宅に引っ越しをして、高級車を軽自動車に乗り換えて、生活の質を見直すことで借金の返済が可能になるのであれば、それは見直す価値があると言えるでしょう。

借金は本来、返済しなければいけないものです。
金融機関や貸金業者はお金の貸し付けをして、利息を利益として計上している職種です。
つまり、借金を減額されたりゼロにされたりすると、“赤字”だということです。

債務整理は、借金の返済が困難になった方のための救済措置です。
法律で認められている制度ですので、堂々と利用して良いものではあります。

しかし少しの工夫や見直しで返済が可能なのであれば、出来る限りを尽くして返済しなければいけません。
それでもどうすることもできなければ、国が定めた制度を利用しましょう。

それが債務整理を申請するタイミングです。

専門家への相談は無料

専門家への相談は無料

上記で述べましたように、債務整理の申請をするには『〇〇万円以上の借金』や『〇ヶ月以上の滞納』などのような明確な線引きはありません。
しかし「もう少し様子を見よう」と先延ばしにしているうちに、状況が悪化することも考えられます。

借金の返済が困難になり『債務整理』という言葉が頭の中をよぎったら、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。
無料相談を行っているところが多くなっていますので、相談だけであれば費用はかかりません。
(*債務整理の依頼をした段階から費用がかかります。)

気になるのは、債務整理にかかる費用ではないでしょうか。
費用は債務整理の内容や借り入れ件数にもよりますが、10万円~50万円程度だとお考えください。

借金の返済に悩んでいる方にとって、この金額は非常に負担に思えるかもしれませんね。
しかし多くの方が債務整理の依頼をして、費用を支払うことができています。
ご心配は要りません。

債務整理の申請をすると、弁護士から債権者へ受託通知が送付されます。
「債務整理の依頼を受けました」というお知らせですね。
この通知を受け取った債権者は、督促を行うことができません。

そして債務者は、債務整理の手続きが完了するまで返済の義務がなくなります。
手続きにかかる期間は半年~1年以上ですので、その間、返済の必要がないということです。

ですから、その“返済の必要がない期間”を利用して、債務整理の費用の支払いをします。
多くの法律事務所では費用の分割払いを認めていますので、その期間に分割払いで支払うケースが多くなっています。
ご心配であれば、無料相談で費用の相談もしていると良いですね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12