債務整理をする際に不安に感じることはなに?

債務整理をする際に不安に感じることはなに?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理を考えたら

債務整理を考えたら

債務整理をしなければいけない状況とは、どんな状況でしょうか。

借金の返済が困難になって遅延が続いたり、或いは他社からの借り入れをして返済に充てるなど、明らかに借金返済ができていない状況になったら、できるだけ早めに債務整理を検討してください。

債務整理には、利息をカットする“任意整理” 借金の元本が減額になる“個人民事再生” 借金がゼロになる“自己破産”があります。
認可されれば確実に借金地獄から解放されるでしょう。

しかし債務整理をしようと思っても、躊躇する気持ちもあるでしょう。

どこに相談をしたら良いのか、どの債務整理を利用したら良いのか、費用はいくら掛かるのか、どれくらいの期間で手続きが完了するのかなど、分からないことばかりだという方も少なくないでしょう。
ケースによって方法や費用、期間は異なりますので、弁護士や司法書士などの専門家に相談をして、ご自身のケースについて詳細を訊いてください。

家族や職場にバレないか

家族や職場にバレないか

借金をしていることや借金の返済が困難であることは、絶対に誰にもバレたくないという方がほとんどです。
場合によっては「家族にも内緒で借金をしている」という方もいますので、『バレる可能性』については非常に敏感なのではないでしょうか。

「職場に借金があることや債務整理をすることがバレると、居づらくなる」
「近所の方に知られたら、引っ越しを考えなければいけない」
「家族に知られたら、離婚することになるかもしれない」

このような不安を抱く方は少なくありません。
債務整理に関して専門家に相談をする際、「家族にバレませんか?」「職場に知られることはありませんか?」という質問をする方が多いのもそのせいですね。

しかし実際には、債務整理をすることが職場に知られることはまず有り得ません。
職場に何か問い合わせをしたり、通知をしたりすることはありませんし、職場に知られることはないと断言できます。

ただし、家族に関しては、弁護士や司法書士から郵便物が届いたり電話を掛けることもありますので、絶対に知られることはないとは言い切れないところがあります。
場合によっては弁護士や司法書士に相談をして、「家族に知られたくない」と言えば協力してもらえることもあります。

しかし、電話は携帯電話を利用すれば問題ありませんが、郵便物を送付する場所に関してはほかにどこかを指定する必要があります。
兄弟姉妹や職場、友人宅など、先方の了承と弁護士の協力が必要になりますね。

弁護士や司法書士への不安

弁護士や司法書士への不安

日常的に弁護士や司法書士などとの関わりがある方であれば、特に不安はないかもしれませんね。
しかし弁護士や司法書士と関わったことがない方にとっては、電話をするだけでもドキドキ緊張してしまうでしょう。
まして借金の相談、債務整理の依頼です。

「叱られるんじゃないか」
「非難されるんじゃないか」
「高い費用を取られるんじゃないか」
「悪徳弁護士だったらどうしよう」

このような不安を抱く方は少なくありません。

確かに、弁護士や司法書士も人間ですから、いろいろな人がいます。
中には上から目線で偉そうな人もいますし、寡黙過ぎてコミュニケーションが取りにくい人や、否定的な人もいます。
悪徳弁護士も実際に存在しますし、費用に関する規定は法律で定められていないので相場もあってないようなものです。

しかし良心的な法律事務所がほとんどですし、今はしっかりとした対応ができなければあっという間にネットで叩かれてしまう時代です。
不安があればまずホームページなどを参考にしても良いですね。

また、借金に関する案件を専門に扱っている法律事務所であれば様々な症例を見てきていますので、安心して依頼をすることができるでしょう。

相手はプロです。
全てをお話ししたところで差ほど驚かれることはないでしょうし、より良い方法を見つけてもらうことが期待できるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12