債務整理をする際の注意点は?

債務整理をする際の注意点は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理には、利息がカットになる“任意整理”、元本が減額になる“個人民事再生”、借金が全てゼロになる“自己破産”があります。

任意整理は全ての借金を対象にする必要がないため、保証人を立てた借金や自動車を没収されてしまう自動車ローンなどを対象外にすることができます。
しかし選択した借金の利息がカットされるだけですので、返済する金額はそれなりの金額ですし、3年間で完済することが前提となっているため、月々の返済額が大きくなってしまう場合があります。
特例として5年間までは認められていますが、正当な理由がない場合には認められないでしょう。

また、個人民事再生では減額された元本を3年間(特例で5年間)で返済しなければいけません。
いずれも、それまでの月々の返済がリボ払いや長期ローンで設定していた場合は、月々の返済額がそれまでよりも大きくなってしまう可能性があります。

任意整理や個人民事再生などが認可された上で返済が困難になった場合、返済が滞ると今度はいよいよ給料や預金通帳などの財産差し押さえが強制執行されてしまいます。
差し押さえを避けるために弁護士を通して相談することになりますが、債権者にとっては債務整理に合意した上に誠意のない対応があれば非常に心証は悪くなるでしょう。
さらに債務整理をすることは可能ですが、1度目の債務整理に比べて困難も多くなることが多いようです。

債務整理をする際には、自分の状況に合った方法を選択することが重要です。
「自己破産だけはしたくない」と意地になって別の債務整理の方法を執り、結果的に返済できずに最悪の状況で自己破産をする方も少なくありません。
弁護士や司法書士などの専門家とよく相談をして、自分に合った方法を選択するようにしましょう。

保証人の有無

保証人の有無

債務整理をすれば、債務者は確実に返済が楽になったり、或いは借金をゼロにすることができます。
しかし債務整理をした借金に保証人を立てていた場合、免責となる金額は全て保証人に請求がいくということを忘れてはいけません。

任意整理の場合はカットされる利息の金額、個人民事再生の場合は元本から減額される金額、自己破産の場合は借金全額が保証人に請求されます。
保証人に請求される際には一括返済が求められますが、裁判所に申し立てをして分割払いにすることも可能です。

しかし保証人も返済が不可能だとなると、保証人も債務整理をすることがあります。
自己破産をされた保証人が、同様に自己破産するというケースは少なくありません。

任意整理では借金の全てを対象にする必要がないため、保証人を立てた借金は対象外にすることをお勧めします。
また、個人民事再生や自己破産の場合には、申し立てをする前に必ず保証人の方にも相談をするようにしましょう。

保証人には債務者に対する弁済請求権がありますので、保証人が支払った金額を請求されることも当然あります。
いずれにしても保証人に迷惑をかけることになりますので、必ず前以て知らせるようにしましょう。

債務整理後のローンや借入

債務整理後のローンや借入

ご存知の方も多いでしょうが、債務整理をすると信用情報機関に金融事故情報が登録されます。
事故情報が登録されていると、信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者ではお金の貸し付けやローンの利用をお断りします。

事故情報はつまり『契約通りの返済ができなかった』ということですので、貸す側としては貸したくない相手だという事ですね。
登録はその内容によって3~10年間されていますので、その間はローンの利用もお金の借り入れもすることはできません。

住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどの審査も通らなくなってしまいますので、利用の予定がある方はよく考えて債務整理をするようにしましょう。
ただし、本人以外の家族の方に影響することはありませんので、家族名義でお金の借り入れをしたりローンの利用をすることには可能です。

債務整理の検討

債務整理の検討

債務整理は返済が困難になった方のために国が定めた救済措置です。
もちろんどなたが利用しても良い制度です。

しかし上記のようなことに注意する必要があります。
債務整理をする際には、専門家に相談をして最善の方法を執るようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12