債務整理の依頼をしたら取り立てが即日でストップする理由は?

債務整理の依頼をしたら取り立てが即日でストップする理由は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

返済が困難になったら

返済が困難になったら

ローンやお金の借り入れを利用したら、必ず返済をしなければいけません。
契約上、金利の支払いと同時に借入金を返済をすることが大前提となっています。
ですから、返済をしないということは契約違反になるということですね。

返済が遅れると、金融機関や貸金業者から取り立てが始まります。
最初は女性スタッフから電話で「ご入金されていませんが、お忘れではないでしょうか」といった寧ろ丁寧なお知らせが来るでしょう。
返済日の翌日には1回目の電話がかかってきます。

しかし再度約束した返済日にも入金されなかった場合、今度は男性スタッフから電話がかかってきます。
このような取り立ては入金が確認されるまで続くでしょう。

ただし貸金業法により、かつてのような乱暴な取り立てや昼夜問わない取り立て行為は違法となりますので、脅しまがいの言葉遣いなど取り立てで怖い思いをすることは現在はありません。

一般的には電話と郵便という形で取り立てが行われますが、2~3ヶ月経過すると裁判所から一括返済を求める督促状が届きます。
これに対して異議申し立てをしなければ、督促状の内容に承諾したということになり、返済できない場合には財産や給料の差し押さえを強制執行されることもあります。

債務整理の検討

債務整理の検討

しかし状況によっては返済が困難になってしまうこともありますし、返済のために更に借金を増やすという本末転倒な事態に苦しんでいる方も少なくありません。
そのような場合、債務整理をして借金の返済を楽にすることが可能です。

債務整理には“任意整理”“個人民事再生”“自己破産”があり、任意整理では利息をカットすることができますし、個人民事再生では元本の減額をすることが可能です。
さらに自己破産では全ての借金をゼロにすることが可能ですので、何らかの事情で収入がなくなってしまった方でも借金苦から免れることが可能となります。

無理をして返済を続けようと更に借金をして返済に充てたところで、その借金も返済しなければいけません。
自転車操業は結果的に自分を苦しめるだけです。

返済のために借金をしなければいけない事態に陥ったら、借金をせずに債務整理を視野に入れて専門家に相談をしましょう。
債務整理は国が定めた、返済が困難になった方のための救済措置です。
どなたでも利用できる制度ですので、まずは相談してみてください。

即日で取り立てがストップ

即日で取り立てがストップ

借金の返済が困難になり取り立てが続くと、半ばノイローゼのような状態になってしまう方もいます。
払えないにも関わらず返済日の約束をし、結果的に払えずにまた電話がかかってくる、この繰り返しは想像以上にストレスでしょう。

取り立てをやめてほしいとお願いしても、貸金業者は「いつご入金頂けますか?」の一点張りです。
当然、貸した側としては返してもらわなければ困るわけですから、貸金業法に則った取り立てを続けることになります。
郵便物の受け取り拒否をしたとしても、転送不要郵便や内容証明郵便という形で送付されますので、ほとんど無意味です。

返済の約束をしても入金されなければ取り立てを続きますし、入金されれば直ちに取り立てはストップするでしょう。
しかしその入金がどうしてもできない場合、やはり債務整理を申し立てすることを考えてみましょう。

債務整理は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をします。
依頼をすると取り立ては嘘のようになくなります。
というのも、法律でそのような取り決めがあるからです。

弁護士や司法書士などの専門家に債務整理を依頼すると、対象となる債権者に対して『債務整理の依頼を受託しました』という受託通知が送付されます。

貸金業法21条1項、債権管理回収業に関する特措法18条で、『債務者が専門家に債務整理を依頼をした際、貸金業者は取り立て行為をしてはいけない』としています。
この通知を依頼日に即日発行してもらうことが可能であれば、取り立ては即日ストップするでしょう。

取り立てから解放されるだけで、ほとんどの債務者が「依頼して良かった」という感想を口にします。

まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12