自動車ローンと債務整理

自動車ローンと債務整理

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自動車の購入

自動車の購入

多くの方がローンで自動車の購入をしています。
自動車の価格はピンからキリまであり、頭金の有無や下取り車の有無などでも状況は異なりますが、中には自動車ローンの月々の返済が大きな負担になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし地域や土地柄によっては、自動車が必需品であることもありますし、場合によっては1世帯に2台以上の自動車を所有している家庭もあります。
また、仕事でどうしても自動車が必要であるというケースや、介護や子育てで自動車を使わないわけにはいかないというケースも少なくありません。

そうなると自動車ローンの返済が負担になることも頷けますね。
また、借金が自動車ローンだけではないことも多く、ほかの借金の返済も併せて考えると、大きな負担になるケースが想定できます。

自動車の購入が生活に必要不可欠である場合、自動車ローンの負担はできるだけ小さいものにしたいと考えるのは極当たり前のことだと言えますね。

自動車ローンと債務整理

自動車ローンと債務整理

他社からの借り入れやクレジットカードの利用などにより、返済が重く圧し掛かっている場合、どうにか返済を軽くできないかと考えるのではないでしょうか。

返済が負担になっている、金利の支払いしかできない、などという場合には、債務整理を検討してみましょう。
債務整理は、借金の返済が困難になってしまった方のための、国が定めた救済措置です。
手続きをきちんとして認可されれば、受けることができる制度なのです。

しかし、債務整理をするに当たって気になるのが、自動車ローンの返済中の自動車のことではないでしょうか。
借金が減額された場合、ローンを返済中の自動車はどうなるのでしょう。

それは債務整理の方法によります。

まず、自己破産の場合は、20万円以上の価値がある財産は全て回収されてしまいます。
ですから、余程のポンコツでもない限り、自動車ローンが残っているいないに関わらず、自動車は回収されてしまうでしょう。

民事再生ではどうでしょう。
民事再生の場合は、申し立て人の住宅ローン以外の借金の全てが民事再生の対象となりますので、当然、自動車ローンも対象となります。
その場合、所有権留保の条項に従って、自動車を失うことになります。

所有権留保がないローンであれば自動車を手元に残ることができますが、個人再生で許可される財産保有は返済額以下までとなっているため、民事再生の返済額が100万円の場合、自動車の価値とほかの財産を合わせた合計の価値が100万円以内でなければ自動車を残すことはできません。
ただし、保有したい財産が100万円を超えた場合には、100万円+超えた金額を返済すれば財産の保有を許可されます。

任意整理では、申し立て人の借金の全てが対象になるわけではなく、選択した借金だけが対象となるため、自動車を手元の残したいのであれば、自動車ローンを対象外にすれば良いでしょう。
ただし、自動車ローンの残債は返済しなければいけません。
もしも自動車ローンも任意整理の対象にした場合、所有権留保の条項に従って、自動車を失いことになります。
ローン返済中の自動車の所有権が、ローン会社かディーラーになっているため、いずれかに引き揚げられてしまいます。

さらに、銀行や信金、ろうきんなど、所有権留保のない自動車のローンの場合には、手元に置きながらローンを整理することが可能です。

例外もある?

例外もある?

債務整理をする際の自動車の保有に関しては、実は非常に複雑です。
返済中の自動車ローンがある場合でも、上記のような一般的な事例ばかりではなく、申し立て人の事情によっては裁判所や債権者の判断で自動車を保有させてもらえることもあります。

例えば、仕事で必要な場合や、生活をする上でどうしても欠かせないツールであった場合、自動車を手元に残してもらえることがあるのです。
ですから、自動車がどうしても必要な場合は、ダメ元で弁護士に相談をしてみると良いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12