債務整理3つの方法…自己破産について

債務整理3つの方法…自己破産について

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自己破産とは?

自己破産とは?

自己破産は簡単に言うと、借金をゼロにする方法です。
地方裁判所に破産の申し立てをし、借金に対する責任を免れるということですね。

自己破産は、多重債務者となり返済に困窮し、一定の収入が見込めないために任意整理や民事再生を行うことができない人や、一度は任意整理や民事再生を行っても職を失うなどして返済が困難となった人の最終手段と言えるでしょう。

自己破産の特徴と言えば、任意整理や民事再生との大きな違いでもある、借金を手放すと同時に自分の財産の全てを放棄する必要があるということです。
家や土地、車など、財産の全てを手放さなくてはいけません。

自己破産は国が定めた法的な制度

自己破産は国が定めた法的な制度

自己破産は、国が定めた法的な制度です。

多重債務となり、手から余るほどの多額の借金を背負い、二進も三進もいかなくなった人を救うための手段です。
自己破産は敬遠されますが、一方で自己破産が無ければどうすることもできない人もいるのです。

借金を返済する充てがなければ、当然取り立てが厳しくなります。
もちろん、借りたお金は返さなくてはいけないので、貸した側も必死です。
返済できなければ遅延損害金は膨らみ、返済はますます困難となり、これが返済できるまで一生続くのです。

自己破産は、このように借金で身動きが取れなくなってしまった人を救済するための制度なのです。

自己破産のホント・ウソ

自己破産のホント・ウソ

自己破産は、ほとんどの場合、専門家に債務整理の相談をした上で選択される方法です。
自分は自己破産したいと考えていても、必ずしも認められるわけではありません。

・弁護士に相談をし、自己破産を選択する
・地方裁判所に破産の申し立てをする
・破産開始決定が出され、破産開始決定と同時に破産手続き終了

さらにその後、免責許可の審査があります。

裁判所から借金の返済が不可能になったという意味の「破産開始決定」を認められ、借金を支払う必要はないということを認められる「免責許可」がおります。

ただし、弁護士への料金約30万円と、管財人の選出のために20万5千円がかかってしまいます。
支払いはよく相談し、分割にしてもらえる場合もあります。

自己破産後の生活

自己破産後の生活

自己破産は借金を完全にゼロにし、完全に解放されます。

しかし、財産は全てなくなり、本籍地の破産者名簿(一般の人が閲覧することはない)に名前が掲載され、信用情報機関のブラックリストに掲載されます。
自己破産後、7年間は借入ができません。
また、借金の取引があった金融機関には、無期限で記録が残るでしょう。

さらに、自己破産した人の職業が、弁護士、司法書士、税理士、保険外交員、証券外交員などの場合、その資格を失います。
ただし、免責許可が下りた時点で復権されます。

最も考えなくてはいけないこととして、債務者が自己破産をして借金から解放される一方で、保証人には何のフォローもないということです。
つまり、誰かに保証人になってもらっていた場合には、債務者に返済義務がなくなる代わりに、保証人に返済義務が生じる事になるのです。

自己破産をする場合には、保証人への相談を怠ってはいけません。
トラブルの原因となりますし、何より、保証人になるときはお願いして、自己破産するときには知らんふりでは不義理すぎます。

自己破産の背景には、非常に大きな迷惑を被る人がいます。
多大な迷惑をかけ再スタートを切るわけですから、同じ過ちは二度と犯してはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12