過払い金ってよく耳にするけど・・・過払い金ってなに?

過払い金ってよく耳にするけど・・・過払い金ってなに?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

過払い金請求ってどういうこと?

過払い金請求ってどういうこと?

最近、テレビCMなどで『過払い金』という言葉を耳にしますね。
過払い金とは、簡単に言うと「金融業者に払いすぎたお金」のことです。

これまで借金を一生懸命支払ってきた方は、「過払い金ってどういうこと?」と思うのではないでしょうか。
支払ってきた利息から、本来の法律に則った利息を差し引いた金額が『過払い金』というわけです。

「今までは違法な金利を請求されてきたの?」と思われるかもしれませんね。
そのことについて、説明していきましょう。

簡単に言うと、「既に支払ってしまった、支払う必要のなかったお金をきちんと請求しましょう」というのが、『過払い金請求』の勧めなのです。

過払い金をもっと詳しく

過払い金をもっと詳しく

金融業者との取引が長い期間に渡っていた場合には、返還される金額も大きいかもしれません。
返還請求は法律に基づいて取り返すことが可能なものなので、弁護士に依頼をして行うのが良いですね。

ほとんどの債務者は請求されるままに返済しますし、毎月の支払額から引かれている利息の分に関して疑問や疑いを持つことはまずないでしょう。
金利の計算は単純ではありませんし、借りているお金を返済している立場である以上、利息の金額について文句は言えない部分もあるのではないでしょうか。

ですから、ほとんどの方が過払いになっているということには気付きませんし、いまテレビCMで『過払い金』という言葉を知って初めて疑問を持つという方が多いでしょう。

もしかしたら、『過払い金』という言葉を知っても、「自分とは無関係」と思っている方も多いかもしれませんね。
しかし、無関係かどうかは調べてみなければ分かりません。

かつて、金利は貸金業法の定めにより、高い金利で29.2%の設定でした。
出資法という法律で定められた上限のラインになっていますので、これ以上の金利は違法であり、刑事事件にもなります。

ただし、話はここからです。
本来、利息制限法ではもっと低い金利が設定されています。

・10万円未満の貸付・・・20%
・100万円未満の貸付・・18%
・100万円以上の貸付・・15%

上記の利率の定めがあり、お金を借り入れした債務者は、本来これ以上の金利を支払う必要はないのです。

『出資法』『利息制限法』の違いです。

『出資法』は、貸金業者がお金を貸し出すときに用いられる法律。
『利息制限法』は、お金を借りる側、債務者を高利から守るために作られた法律です。

ここで、既に出資法と利息制限の間で金利の差が最大14.2%生じています。
長期間、出資法の金利で返済を続けている場合、膨大な過払い金が生じているという事になります。

2006年に貸金業法が改正される以前、貸金業者は出資法で定められた金利の上限である年29.2%と、利息制限法で定められた金利の上限である年15~20%の間のいわゆるグレーゾーン金利で貸し付けを行っていました。
そのことが問題視され、2010年に貸金業法等が改正され、出資法の上限金利を20%まで引き下げ、グレーゾーン金利が撤廃されたのです。

このグレーゾーン金利こそが『過払い金』です。

過払い金調査をしてみましょう

過払い金調査をしてみましょう

上記の通り、法律に基づき、利息制限法以上の利息を支払う必要はありません。

つまり、支払った利息が出資法に基づく金利であれば、本来支払うべき利息制限法に基づいた金利より、かなりオーバーしていることが考えられますね。
差し引いた金額の請求を行うことができますので、まずは過払い金があるかどうかの調査をする必要があります。

既に完済した借金であっても、過払い金の時効は10年ですので、10年以内の借金返済分であれば過払い金請求できる可能性があります。

また、完済していない借金であれば、戻ってきた過払い金を元金の返済に充てることが可能ですので、過払い金分の借金を減らすことができますし、場合によってはとっくに完済していて戻ってくることもあります。

この、出資法と利息制限法との利率の差額の部分『グレーゾーン金利』ですが、グレーゾーン金利はキャッシングについて分析していくと常に問題視されるところです。

しかし、グレーゾーン金利の部分に関しては、債務者が本来支払う必要がない部分ですので、返金請求が可能なのです。
過払い金請求に関するご相談は、債務を専門とする弁護士さんにお問い合わせください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12