過払い金の発生はいつからいつまでの借り入れ?

過払い金の発生はいつからいつまでの借り入れ?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利

過払い金は貸付業者に払い過ぎたお金のことで、いわゆるグレーゾーン金利のことです。

お金を貸し付けする際には、利息制限法に則った金利が付加されますが、金額によって15~20%という決まりがあります。

しかし利息制限法では15~20%と定められていても、出資法の上限は29.2%と利息制限法よりも高い設定で定められていました。
そのため29.2%を超えなければ刑事罰で罰せられることはなく、貸付業者やクレジットカード会社では利息制限法と出資法の上限金利の間で金利を設定していたのです。

これが、『グレーゾーン金利』です。

ほとんどの貸付業者では20%を優に超える金利となっており、よくCMで見かける貸付業者や有名な大手貸付業者などでも29.2%の金利が当時は当たり前のこととなっていたのです。

しかし利息制限法を超える金利となっていることから、平成22年6月18日、法の改正がされ、これまで払い過ぎたグレーゾーン金利の返還請求をすることが法的に認められました。
このことにより貸付業者やクレジットカード会社では金利を引き下げ、然るべき手続きに則って請求されれば、情報の開示をし過払い金を返還しなければいけなくなったのです。

過払い金の発生はいつから?

過払い金の発生はいつから?

過払い金の発生はいつ頃の借り入れから発生しているのか?

上記にありますように、『過払い金は、過去の借り入れに関して発生している』としか申し上げようがありません。
つまり、『いつから』という線引きができるものではないということです。

平成22年に法の改正がされていますので、それ以前の借り入れであれば過払い金が発生していることが予想されます。

また、「現在も借り入れがある」という場合でも、長期に渡った借り入れの場合、最初の借り入れが平成22年より前から始まっているものであれば、調査してもらう必要があるでしょう。

ただし、過払い金返還請求には時効があり、最後の返済日(つまり完済日)から10年が経過している借り入れに関しては既に時効を過ぎていると考えてください。

いつまでの借り入れ?

いつまでの借り入れ?

平成22年6月18日に法の改正がされグレーゾーン金利が廃止となり、正規の貸付業者では金利の引き下げがされました。
また、平成18年の段階でグレーゾーン金利が疑問視されて始めていたため、平成18年には金利を引き下げていた貸付業者が多かったようです。

ですから目安としては、平成20年前後の借り入れに関しては金利が引き下げられた貸し付けであることが予想されます。
つまり、平成20年前後以降の借り入れに関しては過払い金は発生していないということです。

それ以前の借り入れに関しては、調査してみなければ分からないところがあります。
平成20年前後の借り入れであっても、どうしても気になるという方は弁護士に相談をしてみると良いでしょう。

債務整理をする前に

債務整理をする前に

借金の返済が困難になり債務整理を検討している場合、まずは過払い金がないかを調査してもらうと良いですね。
ほとんどの法律事務所では、債務整理の依頼があると借金の期間によって過払い金の有無を先に調査します。

過払い金があれば、場合によっては返還された過払い金で借金の返済に目処が付き、債務整理の必要がなくなるケースもあるようです。

実際に、過払い金返還額の平均は100万円程度だと言われています。
知らず知らずに多く払い過ぎた金利を返してもらうわけですから、正当な請求です。
まずは過払い金の調査をして、必要に応じて債務整理を行うと良いでしょう。

過払い金調査は、弁護士か司法書士に依頼すると調査を開始してくれます。

ほとんどの場合、過払い金調査だけなら無料です。
その場合、過払い金があれば返還された金額に応じた費用を請求されるので、過払い金がなかった場合には支払う必要はありません。
費用に関しては、先に確認しておくことをお勧めします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12