過払い金返還請求から入金までの期間は?

過払い金返還請求から入金までの期間は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

過払い金返還請求の期間が左右される事項

過払い金返還請求の期間が左右される事項

過払い金返還請求を行った方、或いはこれから行おうと考えている方にとって、「過払い金返還請求をしてからどれくらいで入金になるのだろう」ということは気になるところではないでしょうか。

「なるべく早く入金してほしい」
「過払い金返還請求の手続きをしてからかなり経つのに、まだ入金されていない」
「○月○日までに入金されないのであれば、金策を考えなければ・・」など。
それぞれの事情があるでしょう。

実は、過払い金返還請求から実際に入金されるまでの期間は、一定ではありません。
では、どんなことが入金までの期間に影響するのでしょうか。

過払い金返還請求を誰がするか

過払い金返還請求の手続きは、自分で行うこともできます。

弁護士や司法書士などに依頼するケースが多くありますが、絶対に専門家に依頼しなければいけないということはありません。

法律事務所に依頼をしても、人員が十分ではない事務所や、人員に対して過大な依頼を受けていて順番待ちの状態であるなど、迅速な対応ができない場合はやはり手続き自体が遅くなりますので、入金はその分遅れます。
そのような場合には、むしろ自分で手続きをしてしまったほうが早いかもしれませんね。

しかし、自分で手続きをするとなると、債権者に情報の開示を依頼し、引き直し計算をして、訴訟を起こし、非常に専門的なことを全て自分で行わなければいけません。

訴状を作成したことのある一般人がどれほどいるでしょう。
法律の勉強をし、訴状の書き方を習得して、さらに債権者と交渉して情報の開示を依頼する度胸も必要です。

そこまで考えると、やはり専門家に依頼した方が早い、ということになりますね。

法律事務所の実績と体制

過払い金返還請求の手続きは、結果的には専門家に任せた方がスムーズに事が運ぶでしょう。

しかし、どこのどんな法律事務所でもいいのか?と言ったら、そんなことはありません。
弁護士の中には、離婚専門の弁護士や、事故や窃盗などの刑事事件を得意としている弁護士もいます。
同様に、債務専門の弁護士もいるのです。

債務整理や過払い金返還請求など、債務に関する依頼に強い弁護士であれば、過払い金返還請求もスムーズに進むでしょう。
まずはHPなどで実績を確認すると良いでしょう。
中には『債務関連専門』と謳っている弁護士もいますので、すぐに分かるでしょう。

また、法律事務所の体制が人手不足でないことも合わせて確認しましょう。
人員が少なければ、それだけ動ける人材がいないということです。
人材が少なくて実績もない法律事務所の場合、一概には言えませんが、あまり期待はできないでしょう。

貸付業者の対応

貸付業者にとって、多額な過払い金の返還請求ほど怖いものはありません。
事実、過払い金の返還で平成23年には大手貸付業者が倒産しています。

貸付業者にとって、お金は商品です。
お金の貸し付けをしてその金利で利益を得ている業種ですので、金利が付かないお金を出すことほど痛い出費はありません。
資金が無限にあるわけでもないため、できれば返還したくないお金だと言えますね。

ですから、比較的資金に余裕がある貸付業者では早い対応をしてもらえますが、資金に余裕がない貸付業者はなかなか返還してくれないものです。
場合によっては返還請求訴訟にまで発展することもあり、そうなると非常に時間がかかります。

過払い金の入金までの期間

過払い金返還までの期間

では、実際にはどれくらいの期間で返還してもらえるのでしょうか。

大手で資金に余裕があるところであれば、依頼をしてから早くて4ヶ月、訴訟に発展すれば8ヶ月程度かかる場合もあります。
しかし資金に余裕がないところの場合、依頼から1年以上経過しても入金されないこともあります。

一つ明確に言えることとして、数週間や数日で返還されることは有り得ないということです。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12