過払い金返還請求に必要なものは?

過払い金返還請求に必要なものは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

過払い金返還請求の手続き

過払い金返還請求の手続き

過払い金はいわゆるグレーゾーン金利で、払い過ぎてしまったお金を返してもらうことができます。

手続きは個人でも行うことができ、弁護士や司法書士でなければいけないということはありません。
しかし、債権者と交渉をして過去の取引履歴を開示してもらったり、引き直し計算をしたりしなければいけませんし、法律の知識がなければ素人が簡単にできる手続きではありません。
ですから、ほとんどの方が弁護士や司法書士に手続きを依頼しています。

専門家に依頼する際には、債務専門の弁護士などに依頼すると良いでしょう。
専門外の弁護士に依頼をすると、予想以上に時間がかかったり、スムーズに手続きが完了しないこともありますので、気を付けたいですね。

古い借り入れ

古い借り入れ

過払い金返還請求に必要なものの中で、最も重要なものが『債権者についての情報』です。
と言っても、何年も経過している古い借り入れであればカードも明細も契約書も残っていない場合もあるでしょう。

しかしその点においては全く心配いりません。
借り入れ先の会社名さえ分かれば、詳細は調べることが可能なので、過払い金返還請求をすることは可能です。

カードなどが残っていた方が具体的に話しを進めやすいという利点はありますが、過払い金が増えたり減ったりすることもありませんし、影響は全くありません。

・いつ借り入れをしたのか記憶にない。
・いくら借りていたのか覚えていない。
・いつ完済したのか分からない。

返済が終わっている借金に関して、『明確な記憶がない』『忘れてしまった』という人は珍しくはありません。

そういった方々がみなさん過払い金の返還請求ができないのだとしたら、大変なことです。
ほとんどの方が正確な記憶は残っていないでしょうから、過払い金返還請求ができないということになってしまいます。

詳細については、依頼した弁護士が調査をすればすぐに分かることです。

古い借り入れで記憶が定かではない、どう借りてどう返したか忘れてしまっている、という方でも過払い金の返還請求をすることは可能です。
ただし、借り入れをした貸付業者の名前も分からないとなると、それは調べようがありませんので、会社名くらいは思い出してくださいね。

また、貸付業者が社名変更になっていても問題はありません。
記憶にある社名を伝えれば、現在何という貸付業者になったかが分かります。

過払い金返還請求の手続きに必要なもの

過払い金返還請求の手続きに必要なもの

カードや資料がなくても、過払い金返還請求をすることは可能です。
では、最低限どんなものがあれば手続きをすることができるのでしょうか。

・印鑑(認印でOK)
・身分証明書(免許証、保険証など)

この2つがあれば、過払い金返還請求の手続きをすることができます。

もしもカードや資料があれば、依頼する際に持参すると良いでしょう。
カードや資料があれば、カード番号や顧客番号で本人確認をすることができますが、カードも資料もないような場合には『借り入れ当時の住所』『当時の電話番号』などの個人情報があれば本人確認が可能です。

本人確認は、弁護士や司法書士が確認するものであり、債権者から本人確認を求められることはありません。
相談する際に、『カードや明細や契約書は全て処分して手元にありません』と伝えると良いですね。
また、結婚や離婚で名前が変わっている場合には、当時の名前も伝えなければいけません。

難しい手続きではありませんし、揃えるのが困難な書類なども一切ありません。
当時の記憶が曖昧でも、カードや明細や契約書が手元になくても、手続きすることは可能だということを覚えておきましょう。

過払い金払い戻し請求は、払い過ぎてしまったお金を返してもらうための手続きです。
まずは過払い金の調査だけでもしてみませんか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12