過払い金返還請求のメリット・デメリットは?

過払い金返還請求のメリット・デメリットは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求をすることのメリットとして、第一に挙げられるのが『払い過ぎたお金が返ってくる』ということですね。

過払い金は、自分か過去に払い過ぎた利息を返還してもらうわけですから、当然の権利があります。
しかし、黙っていても返してもらうことはできません。
返還請求をしなければ、戻ってくることはないのです。

現在返済中の借金の場合、過払い金は元金に充てられますので、借金を減らすことが可能です。
場合によっては、過払い金で完済できることも有りますし、完済した上に手元にお金が残ったという例もあります。

過払い金返還請求をする場合、完済した借金の過払い金や、返還された過払い金で借金の完済ができた場合、信用情報機関に登録されることはありません。

過払い金の返還請求は時効が10年となっており、最終取引から10年経過すると返還請求をする権利を失います。
早めに専門家に相談をしてください。

過払い金返還請求のデメリット

過払い金返還請求のデメリット

過払い金返還請求を行うデメリットとして挙げられることに、専門家に依頼をした場合に着手金と成功報酬を支払わなければいけないことが挙げられます。
また裁判所に提訴することで、決着まで時間が掛かります。

自分で過払い金返還請求をした場合には、費用は少なく済みますが、貸金業者との交渉や裁判所への提訴など、非常に労力を要します。
いずれもデメリットはありますが、やはり専門家に依頼をした方がより確実により高い金額で和解を成立させることが可能でしょう。

また、自分で過払い金返還請求を行うと、確実に家族に借金のことがバレてしまいます。
貸金業者や裁判所とのやり取りをしなければいけませんし、郵便物が届くこともあります。
専門家に依頼をすれば、全ての交渉を請け負ってもらえますので、家族に知られることもないでしょう。

さらにデメリットとして、まだ返済中の借金の場合、過払い金が返還されてもそれで借金が相殺されなければ、金融事故として信用情報機関に登録されてしまいます。

信用情報機関に登録されたくないという場合には、調査の段階で金額をしっかり確認し、交渉でいくらくらい返還されそうか弁護士の見解を聞いてみると良いですね。
もちろん確実なことは言えないでしょうが、ある程度の見込みを立てることくらいはできるでしょう。

実はほかにもデメリットがあります。
あまり知られていませんが、過払い金返還請求をすると、その貸金業者との取引は二度と行うことができなくなります。

貸金業者はできるだけ過払い金を支払いたくないと考えています。
一旦は利息として計上したものを返還しなければいけないわけですから、今年度の収支が過払い金のせいで赤字になってしまいます。

実際に過払い金の支払いで倒産した貸金業者もたくさんあります。
中小貸金業者はもちろん、大手でも“武富士”が倒産したことは有名ですね。
それだけ過払い金の返還は貸金業者にとって負担になるということです。

債務者にとっては当然の権利なのですが、過払い金の返還請求をした債務者との取り引きはもう2度と行われないと言われています。
もちろん貸金業者には過払い金返還請求をした人のリストは残っています。

しかし借り入れができないということは、二度と借金できない状況になるという意味では、メリットでもあるのかもしれません。
取り引きを繰り返す借金癖のある方にとっては、借金癖を治すキッカケになる可能性がありますね。

自分で過払い金請求した場合のメリット、デメリット

自分で過払い金請求した場合のメリット、デメリット

過払い金返還請求は、個人が行うこともできます。
ですから自分の過払い金を、自分で返還請求することができるのです。

自分で行った際のメリットとして、『費用がかからない』ということが挙げられます。
弁護士や司法書士などの専門家に依頼をすれば、着手金と成功報酬を支払わなければいけません。
着手金はない場合もありますが、成功報酬は戻ってきた過払い金の15~20%の支払いとなります。

自分で行った場合のデメリットはいくつか挙げられます。
まず第一に、素人なので甘く見られて、貸金業者が過払い金を安い金額で和解しようとしたり、交渉そのものを後回しにされることもあるでしょう。
場合によっては、過払い金が返還されない状態で和解を求められることもあります。

また、家族に借金のことが知られてしまう可能性が高くなります。

専門家に過払い金返還請求を依頼した場合のメリット、デメリット

専門家に過払い金返還請求を依頼した場合のメリット、デメリット

専門家に過払い金返還請求を依頼した場合のメリットとして、依頼人は書類を揃えるくらいでほとんど何もする必要がないということは挙げられます。

借金の詳細を説明し、書類を揃えたら、あとは過払い金が支払われるのを待つだけです。
面倒な手続きは全てお任せできますし、自分が交渉するよりも確実に良い条件で交渉をしてもらうことができます。

また、専門家に依頼することで、借金を返済中の方は督促がストップします。

デメリットとして挙げられることに、やはり着手金や成功報酬の支払いをしなければいけないことが挙げられます。
しかし自分で交渉をして過払い金が少額になることを考えると、専門家に依頼してできるだけ多くの過払い金を返してもらい、費用の支払いをした方が得策だと言えるかもしれませんね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12