民事再生の手続き期間と返済期間

民事再生の手続き期間と返済期間

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

民事再生(個人再生)を考えたら

民事再生を考えたら

民事再生は、裁判所の介入を必要とした債務整理の方法で、借金の減額をして返済を楽にすることを目的としています。

家や土地などの財産を手放す必要がないため、民事再生後の生活や家族への影響がほとんどありません。
ただし、家族が連帯保証人になっている場合には、債務の返済を求められるでしょう。

手続きは、債務整理を専門とした弁護士や司法書士に依頼すると良いでしょう。
まずはお気軽に電話やメールで問い合わせをし、無料相談を利用して面談で相談すると良いですね。

民事再生の手続き期間と流れ

民事再生の手続き期間と流れ

民事再生申立から、裁判所に認可されて確定するまで、約4~6ヶ月の期間を要します。
民事再生は裁判所が介入する手続きで簡単ではありませんので、必ず専門家に手続きをお願いしましょう。

大まかな流れは下記のようになっています。

①債権者への受任通知の送付

民事再生の依頼をすると、弁護士や司法書士は債権者に受任通知書を送付します。
受任通知を受け取った債権者は、一切の取り立てや督促をストップしなければいけません。
また、返済の必要もなくなります。

②裁判所に申立て

裁判所へ民事再生の申立てと、支払予定額の申告を行います。
必要書類は弁護士や司法書士が作成します。

③申立手続きの開始決定

裁判所が手続き開始要件が揃っていると確認できれば、手続きの開始決定されます。
支払いが可能であるか否かの判断材料として、家計収支書や一定額の積立通帳の写しなどを提出します。

④債権届出

申し立て時作成の債権者名や金額の一覧表を、債権者が確認します。(債権の有無、債権額に異議がないか)

⑤再生計画案の提出

債権額を元に再生計画案を提出します。

⑥再生計画案の認可

裁判所の判断により、再生計画案の可否が出されます。

⑦計画案に沿った弁済開始

弁済が開始されます。
毎月、決まった金額を入金していきます。

手続き①~⑦までで、短くて4ヶ月、ほとんどの場合で6ヶ月程度かかります。

民事再生後の弁済期間

民事再生後の弁済期間

再生計画案が裁判所に認可されたら、決まった金額を毎月返済していきます。

民事再生における返済期間は3年とされています。
ただし、特別な事情がある場合に限り、5年までは認められています。

つまり、借金が100万円まで減額となった場合、月々約27,000円の入金で3年間で全て弁済することが可能となります。

民事再生後の信用情報機関の情報掲載期間

民事再生後の信用情報機関の情報掲載期間

民事再生後、家族や生活にほとんど影響はありませんが、信用情報機関には民事再生をした事実が情報として残ります。
いわゆるブラックリストです。

事故情報という形で5~10年は住所や名前が掲載されるため、住宅ローンや自動車ローンを利用することはできません。
もちろん、消費者金融やクレジットカードなどの利用もできなくなります。

つまりローンで買い物をしたりお金の借り入れをすることが、一切できなくなってしまうのです。

貸し出し可能だというところがあるとすれば、“闇金融”くらいでしょう。
闇金融は、一生を台無しにしてしまう恐れがありますので、絶対に手を出してはいけません。

5~10年すれば、信用情報機関の事故情報も消されます。
そうすればローンを組むことも、お金を借り入れすることも可能となります。
ただし、民事再生の際に借り入れがあった金融機関や消費者金融には“事故利用者”として記録が残りますので、利用することはできないでしょう。

悩んでいたら

悩んでいたら

多重債務や多額の借金で返済が困難になった場合、早めに専門の法律事務所に相談をしましょう。

民事再生に限らず、いくつかの債務整理の方法の中から、ご自身に合った方法で返済を楽にすることができます。
専門家への相談を躊躇される方がいらっしゃいますが、相手はいくつもの症例を見てきた専門家ですので心配は要りません。

また、債務整理をすることを「人生の終わりだ」などと考える方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。
債務整理は「人生をやり直すチャンス」です。

二度と同じことを繰り返さないためにも、全ての借金をクリアにできる方法を見つけましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12