民事再生をすると個人資産はどうなる?

民事再生をすると個人資産はどうなる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

民事再生をするとこうなる

民事再生をするとこうなる

民事再生は債務整理の中の一つの方法です。

返済が困難になった借金を抱える方を救済するための国が定めた措置であり、借金苦になってしまった方が人生をやり直すことができる一つの方法だと捉えると良いでしょう。

民事再生が認められると、現在の借り入れ額が減額され、一定額を3年ないし5年間支払うことで免除されます。

借り入れ額の減額は、金利の免除に加えて、借り入れ総額が100万円、或いは貸入れ総額の1/5のいずれか高い方の金額まで下げることが可能です。
債務者と債権者が交渉し、裁判所が介入して認可されれば手続きは完了です。

それまで返済が困難で重く圧し掛かっていた借金が減額となって、返済可能な金額となるため、返済に困窮することがなくなります。

個人資産はどうなる?

個人資産はどうなる?

よく「債務整理をすれば、家も土地も自動車も、資産は全て取られてしまう」と思っている方がいるようですが、それは『自己破産』の場合です。

民事再生では、個人の資産が没収になることはありません。

ですから、家も土地も自動車も、貯金も保険も、失うものはありませんし、強制的に処分しなければいけないということもありません。
つまり、現在の資産については、全て保有したままで民事再生の申し立てをすることが可能だということです。

尚、自己破産では、生活に必要な一定の財産を除く、99万円を超える現金と20万円を超える価値のあるものは、全て手放さなければいけません。
破産管財人が換価処分して、債権者に弁済(或いは配当)するためです。

個人資産は一切関係ないのか?

個人資産は一切関係ないのか?

では、民事再生の申し立てをする際、個人資産は一切関係ないのでしょうか?
実は、『関係ない』とも言えない部分があります。

民事再生では、清算価値保証原則というものがあります。
この原則により、最低でも財産や資産価値以上の金額を弁済しなければいけないとされています。

財産や資産が多ければ多いほど、弁済金額も大きくなるということです。

前述にありますように、民事再生では返済金額を『100万円』或いは『借り入れ総額の1/5の金額』まで減額することができます。
しかし財産や資産が多くなると、その既定内だとは限らない、ということですね。

というのも、民事再生は債務者のためだけにあるものではありません。
債権者にとっても可能な限りの回収ができるための措置でもあります。

例えば、自己破産であれば。
債務者の財産や資産は換価処分されて、債権者に弁済(或いは配当)されます。

これが、民事再生では一切手を付けられないとなると、多くの財産を保有している人にとっては理不尽なほど有利になってしまいます。

有り余る財産や資産があって全てを保有した状態で、借り入れ額が減額になってしまうのでは、債権者にとってあまりに割が合いません。
お互いに譲歩し合うという意味合いでは、やはり所有している財産を含めて返済能力を計る必要があるでしょう。

尚、財産や資産の中には生命保険の解約戻し金なども含まれますので、高額な生命保険の場合は民事再生の手続きの前に解約した方が良いかもしれませんね。

結果的に、財産や資産が多くて返済金額が多くなってしまうと、後々、返済のために財産を売却するというケースもあります。
民事再生をお考えの場合には、まずご自身の資産がどの程度あるのか、確認した方が良いでしょう。

弁済金額の決め方

弁済金額の決め方

財産や資産がある場合には、破産管財人が換価処分することになります。
その金額が、仮に『100万円』よりも『借入総額の1/5の金額』よりも大きい場合、弁済額が所有する財産・資産の金額となります。

例えば、借り入れ総額が1000万円、総資産が250万円の場合。
100万円 < 借り入れ総額の1/5の金額200万円 < 総資産額250万円
上記のように総資産額が最も大きな金額であった場合、弁済総額は250万円となります。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12