民事再生をすると携帯電話が持てない?

民事再生をすると携帯電話が持てない?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

民事再生後の携帯電話の購入は分割できる?審査は通らない?

民事再生後の携帯電話購入は分割できる?審査は通らない?

民事再生は、債務整理の中の一つの方法です。

借入の返済が困難になった人のために、裁判所が介入し債務を減額することで返済を楽にする、国が定めた救済措置です。

ただし、債務整理をすることで信用情報機関に事故情報として掲載されるため、新たな借り入れやローンを組むことが5~10年できなくなります。
いわゆるブラックリストです。

このような状態で、携帯電話の新規購入は可能でしょうか?
もちろん可能です。

携帯電話自体は、全く問題はありません。
ただし、支払い方法は一括でなければいけないので、覚えておきましょう。

一般的に携帯電話の購入は、docomo、au、softbankなど、ほとんどの携帯会社で2年契約の分割払いをプランとして持っています。
当然審査はありますが、民事再生をしてから5~10年は審査に通ることはできません。

分割購入、つまりローンを利用することができないため、携帯電話の購入でも分割払いはできないのです。
一括払いであれば、問題なく購入することができます。

機種変更にも同様のことが言えます。
分割購入ではなく、一括払いで購入しましょう。

民事再生後、携帯電話が解約される?

民事再生後、携帯電話が解約される?

債務整理をすると、様々なことが気になるでしょう。

気になることのひとつとして、携帯電話を解約される不安があるのではないでしょうか。

今や携帯電話は生活の必需品ですし、仕事で利用している方も非常に多くなっています。
ですから携帯電話が解約されるということは、死活問題でもあるでしょう。

実は、現在使用中の携帯電話が解約されるかどうかは、債務整理の種類によって異なります。

債務整理にはいくつかの種類があります。
“任意整理”“特定調停”の場合、整理する債務を選択することができるため、携帯電話を選択しなければ全く問題なく利用し続けることが可能です。

では、“民事再生”や“自己破産”ではどうでしょう?
“民事再生”や“自己破産”は、整理する債務を選択することができません。

全ての債務が対象となるため、もしも利用中の携帯電話に料金の滞納がある場合には債務として見なされて解約されるケースもあります。

ただし、携帯電話自体は生活必需品として自己破産の差し押さえの対象外となっているため、料金の滞納等がなければ、所有し続けられる可能性があるでしょう。

また、料金の支払いをクレジット払いにしている場合も注意が必要です。
クレジットカードの利用などは全てストップされてしまうため、当然携帯電話の料金の支払いにも利用はできなくなります。

忘れてそのままにしておくと料金滞納となってしまいますので、すぐに手続きをしなければいけません。

携帯電話の料金の滞納にも『債権者平等の原則』が適用されます。
 破産法では、『債権者は皆平等で、特定の債権者のみに優先して返済を行うことは禁止する』とされています。
 ですから、民事再生や自己破産の申し立てを行う際には、携帯電話の滞納や本体購入のためのローンも債務として記載しなければいけません
 この情報が携帯電話会社にも通告されるため、場合によっては解約されることもあるでしょう。

民事再生後も携帯電話が必要な場合

民事再生後も携帯電話が必要な場合

民事再生後、携帯電話会社にとっては「料金滞納の可能性がある利用者」という扱いになる可能性があるため、解約を余儀なくされる場合があります。

しかし、民事再生後の返済には収入を得る必要があり、仕事をしなければいけないことは必然です。
その際、仕事で携帯電話がどうしても必要な場合もあるでしょうし、携帯電話がなければできない仕事もあります。

そのような場合には状況によって判断が異なりますので、専門家に相談することをお勧めします。
或いは、名義に拘らないのであれば、ご家族名義の携帯電話を所持するという方法もあります。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12