民事再生をすれば預金相殺されてしまうの?

民事再生をすれば預金相殺されてしまうの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

民事再生の依頼

民事再生の依頼

民事再生は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼します。
依頼された専門家は、全ての債権者に受託通知を送付し、民事再生の申し立てをする旨を伝えます。
受託通知を受け取った債権者は、その時点で取り立てを行うことが出来なくなってしまいます。

民事再生をすれば、元本の減額の交渉があります。
債権者にとって、契約通りの返済が行われないのは困ります。
利息どころか、貸し付けしたお金も全額は戻ってこないということです。

債権者としては、できるだけ多く回収したいと考えるのが普通でしょう。
交渉の中では代理人である弁護士だけではなく、他社との駆け引きもあり、自社ができるだけ多くの回収ができるような形で和解成立させたいと考えます。

銀行からの借り入れ

銀行からの借り入れ

銀行から借り入れをするときには、必ず口座を開設します。
その口座を介して借り入れをしたり返済をしたりするからです。

民事再生をする際に銀行からの借り入れがあった場合、銀行では弁護士からの受託通知を受け取った時点で口座に入っている預金で貸付金額の相殺をしようと考えます。
貸付金額と預金の金額が見合えば、貸付金が返済されたということになります。

「勝手に人の預金からお金を引き出してもいいのか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは契約上でも謳われていることです。
また法律上も認められていることですので、文句は言えません。

仮に、借り入れ先が『〇〇銀行』と支店名なしで銀行名だけになっている場合には、同行の別の口座からも相殺される可能性はあります。

相殺を避けるために

相殺を避けるために

借金の返済をするのは当たり前のことですし、相殺されても文句は言えませんが、民事再生を申請するくらいですからお金に困っている状態であることは間違いないでしょう。
そんなときに預金を相殺されては、たまったものではないでしょうし、本当に困ってしまうのではないでしょうか。

では、相殺されることを避けることはできるのでしょうか?

重要なのは、弁護士が受託通知を送る前に手を打つことです。
そうです、相殺される前に預金を引き出してしまうのです。
できれば、民事再生の申請をする前に引き出してしまいましょう。

そこで気を付けなければいけないことがあります。

第一に、通帳引き落としになっている公共料金や携帯電話の利用料金などがあれば、支払方法を変更しておく、ということです。
引き落としできなければ、公共料金や携帯電話の利用料金まで延滞してしまうことになります。

そして、給与振り込みに通帳を使っている場合も、通帳の変更をしておかなければいけません。
もしも口座凍結された場合には、給料が振り込まれても引き出すことはできませんし、振り込まれた給料で借金を相殺されてしまう可能性もあります。

民事再生をする前に上記の手続きをして、預金の引き出しをしておくと良いですね。

相殺できなければどうなるのか?

相殺できなければどうなるのか?

銀行では、預金通帳のお金が引き出された形跡があるからと言って、それを「戻せ」と要求することはありません。

借金の相殺を預金でできない場合には、通常の民事再生通りに再生債権として請求をして、民事再生の再生計画に合意すれば和解成立となるでしょう。
元本が減額された借金を、債務者は再生計画に従って月々の弁済をするだけです。

民事再生をしたという事実は、信用情報機関に5年間登録された状態になります。
いわゆるブラックリストです。

その5年間はクレジットカードを作ることもローンを組むこともできなくなりますが、5年経過すればそれも可能となります。
しかし、民事再生の対象となった金融機関や貸金業者では、その記録が消されることはありません。
自社の貸し付けを民事再生した人物として、記録が残されます。

ですから、銀行からの借り入れを民事再生した場合、その後に住宅ローンや教育ローンなどを利用りたいと考えていても、審査に通ることは非常に難しいでしょう。
『貸し付けをしても、踏み倒されるかもしれない』という意味で要注意人物となってしまうからです。

ただし、家族の名義で申し込みをすれば、民事再生とは全く無関係の審査となりますので、借り入れは可能です。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12