民事再生をしたら貯金は失うの?

民事再生をしたら貯金は失うの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

民事再生で貯金を失う?

民事再生をしたら貯金は失うの?

民事再生をする際に、「自分の財産はどうなるんだろう」と気になるところではないでしょうか。

タイトルとなっている“民事再生をしたら貯金は失うの?”ですが、実際にはそんなことはありません。
民事再生は自己破産と異なり、財産を換価処分されることはないのです。

ただし、民事再生後の弁済金額を決めるために計上しなければいけない『清算価値』には、貯金の金額を加えなければいけません。
『清算価値』に計上された財産は没収されることはありませんし、売却して現金化する必要もありませんが、財産があることで弁済額が高くなることはあります。

基本的に民事再生では、清算価値が債務総額を超えることがあれば、認められません。
資産があるということは、借金の返済をしようと思えばできるということです。
ですから、貯金があっても失うことはありませんが、その分、弁済額は高くなると考えてください。

しかし、だからと言って、貯金を引き出して現金で手元に置いておいても、それは同様に資産として考えなければいけません。
「言わなければ分からない」などと考えて隠したりしたら、心証を悪くして和解成立しない可能性もあります。
無駄な抵抗をせず、正直に計上するようにしましょう。

家族の貯金はどうなる?

家族の貯金はどうなる?

民事再生など債務整理に関しては、あくまでも債務者本人だけの問題です。
夫が民事再生したからと言って、妻にまで影響することはありませんし、妻名義の貯金を計上する必要はありません。

また、夫は民事再生から5年間はローンの利用やクレジットカードを作ることはできませんが、その家族は問題なくローンを組んだりクレジットカードを作ることが可能です。
借金は本人のものであり、債務整理もまた債務者本人の問題なのです。

銀行からの借り入れの場合

銀行からの借り入れの場合

しかし、民事再生をする際に銀行からの借り入れがある場合、その銀行の口座はどうなるのでしょう。

銀行でローンを利用するときには、必ず銀行口座が必要となります。
借り入れや返済は全て口座を通して行われるからです。

例えば、Aさんが銀行のフリーローンを利用しており、民事再生をする場合。
フリーローンは50万円の残債があり、利用していた口座には30万円の貯金があったとします。

この場合、銀行は受託通知(弁護士から送付される『民事再生をします』という通知)を受け取ると、即座にAさんがローンに利用していた口座を凍結します。
凍結する前に連絡はありませんし、凍結後にも『凍結しました』という通知はありません。

口座を凍結する目的は、口座に入っている金額で自社が貸し付けしている金額を相殺するためです。
凍結された口座からは、凍結が解除されるまで引き出しや引き落としをすることができません。

30万円入ったAさんの通帳からは、全額返済に充てられてしまいます。
本人への確認はありません。

ですから、その口座にお金が入っている場合には、民事再生をする前に現金を引き出しておく必要があります。
また、公共料金の引き落としをしている場合には支払い方法の変更をしておかなければ料金の滞納となってしまいますし、給与振り込みに利用している場合には口座の変更をしておかなければ振り込まれても引き出すことができません。

民事再生後の貯金

民事再生後の貯金

民事再生をした後、月々の弁済をしながら貯金することは許されるのでしょうか。
「貯金する余裕があるなら、減額しないで返済しろ!」
などと言われる不安があるかもしれませんね。

しかし実際には、民事再生後に債務者の生活を見張るような債権者はいませんし、そんなに暇でもありません。
債権者としては民事再生をされたこと自体が痛手にはなりますが、それ以降はきちんと弁済さえされていれば文句を言われることはありません。

民事再生をすると5年間はローンの利用や借り入れはできなくなりますので、値段の張る買い物をするときには貯金が必要なこともあるでしょうし、先々のことを考えて貯蓄していくことは悪いことではありません。

せっかく民事再生をして人生を再スタートさせるのですから、しっかり計画的な貯金をするのは大いに結構なことではないでしょうか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12