債務整理3つの方法…任意整理について

債務整理3つの方法…任意整理とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理とは?

任意整理とは

任意整理とは、債権者と交渉し、返済が困難になった多重債務を支払い可能な形にすることを言います。

例えば、利息をカットしてもらったり、或いは毎月の返済額の減額、場合によっては過払い金の払い戻し請求などを行います。

多重債務者が返済が困難になってしまう背景には、何社もの多重債務の返済で毎月の支払額が大きくなってしまっていることに原因がある場合が多くあります。
現状の利息や返済額が負担となって、とても毎月返済のはできないという場合、利息のカットや返済額の減額で元金だけの返済を行いたい人に向いている方法です。

自己破産と任意整理の違い

自己破産と任意整理の違い

自己破産と任意整理の大きな違いは、財産の全てを手放すことで借金も手放す自己破産に対して、任意整理では財産を手放す必要がないという点です。

『借金の残金は一切返さない』という自己破産と、『元金だけでも返していく』という任意整理の大きな違いですね。

任意整理の手続き

任意整理の手続き

任意整理の交渉は、裁判所などの公的機関を通すことはありません。

債務者と債権者が当事者同士で話し合いをし、『債務を整理する方法を決めてください』と委任する整理方法だからです。
ですから、自己破産に比べて段階が少なく、短い期間で交渉が成立するケースが多くなっています。

任意整理の駆け引き

任意整理の駆け引き

任意整理は、利息カットや毎月の返済額の軽減など、債務者にとって有利な制度ですね。
しかし債権者にとっては、発生するはずの利息を支払ってもらえず、返済額が軽減されて長期に渡る返済となり、全く得な部分はありません。
そのような交渉に債権者が応じるのには、「利息制限法」「出資法」という2つの法律が関っています。

『利息制限法』は、貸し付けする際の利息の上限を定めた法律で、貸金業者が法外な利息を消費者に請求することを防いでいます。

・金利の上限
10万円未満の融資・・・20%
100万円未満の融資・・18%
100万円以上の融資・・15%

しかし、かつて『出資法』では、利息の上限が29.2%に定められていました。
つまり、利息制限法と出資法の間で、最大で14.2%もの差があったということです。

ここで矛盾した状態が起こりますが、ほとんどの金融業者が都合が良く『出資法』の上限である29.2%を金利として貸し付けていました。
ここで発生するのが過払い金です。

以前は、ほとんどの債務者がこの事実を知りませんでした。

事実を知らないということは、高い利息で返済を続けていたということです。
ですから、専門家に依頼をして債務整理を始めた債務者から、債権者は過払い金の請求をされる場合もあります。
或いは債務者に有利な条件を提示される場合もあるでしょうが、債権者はそれに応じないわけにはいかないのです。

最近では『過払い金』という言葉も浸透し、債権者も改正された法律に則った貸付をしているので、「応じないわけにはいかない」という状況が以前に比べると減ったかもしれません。

ただし、条件に応じない場合、自己破産されて一切の返済がされなくなることも想定できますので、この時点で交渉をして応じる場合が多いようです。
専門家を通した任意整理では、ほとんどの場合で金融業者が利息カットや返済額の減額に応じるケースが多くなっています。

ご自身の状況をよく考えて任意整理を

ご自身の状況をよく考えて任意整理を

「利息がカットされて支払いが楽になるから~」と任意整理を安易に考えてはいけません。

本来、借り入れしたものは借り入れしたときの条件で返済するのが当たり前です。
また、『任意整理の必要がある』と認められなければ、手続きすることはできません。

任意整理をすると、以降5~7年間の借入は一切全てできなくなります。
つまり、ブラックリストに載るということです。

ご自身の状況をよく考え、まずは専門家へ相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.05

借金返済TOPへ戻る>>