任意整理の流れを確認するとほぼ弁護士にお任せでOKだった

任意整理の流れを確認するとほぼ弁護士にお任せでOKだった

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理の中で最も利用者が多い任意整理とは?

債務整理の中で最も利用者が多い任意整理とは?

任意整理とは、債務整理の中の一つの方法です。

債務整理には、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産の3種類があり、任意整理は唯一、裁判所の介入がない債務整理の方法です。

債権者と債務者が直接交渉をして、双方の合意の上で借金の整理をすることができます。

交渉は、一般的には債務者の代理人として弁護士や司法書士などの専門家が行うことがほとんどです。
自分の借金の全てを対象にする必要はなく、整理したい債務だけに関して交渉する方法となっているため、債務整理の中で最も多くの多くの方が利用する方法となっています。

弁護士にお任せでOK!任意整理の手続き

弁護士にお任せでOK!任意整理の手続き

任意整理に関する相談は、ほとんどの法律事務所が無料で行っています。
ですから、費用の心配をすることなく、まずは相談してみましょう。

依頼を決めたら、委任契約を結びます。

この時点で、弁護士から債権者に向けて受任通知が送付されます。
受任通知が債権者に届くと、督促や取り立てなどできなくなり、任意整理が合意の元で成立するまでは返済の必要もなくなります。

手続きには様々な書類を揃える必要がありますので、依頼した弁護士の指示に従いましょう。

また、借用書や領収書、振込金受取書などの提示をし、借入金額、借入年月日、返済金額、返済年月日などの債務調査票を作成します。
ただし、借用書などの書類がない場合は、債権者に直接債権調査票を送付して回答を求めることになります。

そして、実際の債務がどれくらいあるのか確定するために、引き直し計算で過払い金の有無などを調べます。
利息の引き直し計算をして正しい借金の残高が確定したら、任意整理案を作成します。

任意整理案を弁護士が作成

任意整理案を弁護士が作成

手続きが終了し、債務が確定したら、返済プランを立てて、弁護士が任意整理案を作成し、債権者に提示した上で交渉します。

任意整理案の作成には、債務者にとって無理のない弁済であることが最も重要です。
任意整理したのに支払いが困難では、意味がありません。

また、任意整理の場合、入金が2回分遅延した段階で一括請求するということが条件に折り込まれているケースがほとんどですので、遅延する心配のない金額である必要があります。

債務者の経済状況、親族などからの援助の有無など、総合的な判断が必要ですね。

弁済は一括?分割?期間は?

弁済は一括?分割?期間は?

返済に困って任意整理をする債務者にとって、一括弁済はほとんどの場合できないでしょう。
ですので、多くの場合は、分割で弁済することになるでしょう。

しかし親族の援助などで一括弁済が可能な場合、一括弁済にした方がより良い条件で合意することが可能となります。

債権者にとっても、任意整理後に自己破産となって回収できない不安を考慮すると、一括弁済の方が安心ですので、好条件を提示することが多いようです。

弁済期間

弁済期間は、一般的に3~5年となっています。
それ以上を望むと交渉は難航し、任意整理手続にも支障をきたします。
原則3年、長くて5年と覚えておきましょう。

弁護士が債権者と交渉

弁護士が債権者と交渉

任意整理案ができたら、整理案を元にそれぞれの債権者と交渉して合意を得ます。
交渉は個別となります。

交渉は、どの債権者も同一条件で行うのが鉄則となっており、債務者の収入状況などの説明も必要となります。
証明できる書類を用意しましょう。

債務者の状況を含めて説明し、その上で債務をいくら減額したいのか、弁済の方法などの交渉となります。
ご本人が直接交渉することも可能ですが、弁護士や司法書士が代理人として交渉するのが一般的です。

債権者の同意・承諾

整理案を債権者に提示し、整理案に対する同意の有無を確認します。
通常、任意整理案を債権者に送付する際、整理案の承諾書も同封し、債権者から返送してもらって承諾を得たとみなします。

弁済開始

弁済開始

債務者と債権者の間で和解成立すれば、弁済計画に基づいた弁済を最後まで行うようにしましょう。

整理案に沿った弁済が無理だとなると、個人再生や自己破産などをしなければいけなくなるケースもあります。
任意整理をするときは、弁護士や司法書士と十分相談をした上で、無理のない弁済計画を立てる必要があります。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12

借金返済TOPへ戻る>>