任意整理したら月々の支払いはいくらになるの?

任意整理したら月々の支払いはいくらになるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理について

任意整理について

任意整理は、債務整理の方法の一つです。

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産の3種類があり、任意整理は唯一、裁判所の介入がない債務整理の方法です。

債権者との交渉が成立すればOKですので、債務整理の中でも比較的執行しやすい方法だと言えるでしょう。
交渉はご本人が行っても問題はありませんが、ほとんどの場合、弁護士が代理人として交渉します。

任意整理は、全ての債務を対象にする必要はなく、返済が困難な債務だけを選択することができます。
交渉が成立すれば、未払い金利と将来金利をカットすることができ、元本のみを3~5年で返済することになるので、かなり負担が減ることになります。

月々の支払額

月々の支払額

任意整理をする際、弁護士はまず最初に引き直し計算をして、正しい借金の残高を算出します。

過払い金がある場合もありますので、場合によっては既に完済していることもありますし、支払い可能な金額しか残っていないということもあります。
或いは、完済した上で過払い金の払い戻し請求ができるケースもあるでしょう。

引き直し計算をした上で正しい債務の残高を算出し、残高が分かった状態で依頼者との面談を行います。
面談では月々いくらの返済が可能かの聞き取りをし、弁護士が返済可能額を債権者各社に割り振りし、提案額を出します。

例えば、月々35,000円の返済が可能だということであれば、A社10,000円、B社10,000円、C社8,000円、D社7,000円という風に割り当てます。

任意整理は、一般的に3年で完了することを目標としますが、5年くらいまでは交渉次第で可能となります。
しかし、この金額での支払いで、完了に5年以上かかってしまう場合、交渉は難航するでしょう。

月々の支払い金額の決め方

月々の支払い金額の決め方

月々いくらなら支払いが可能か?

この質問に、「いいときは60,000円ずつ返せます」と答える方がいますが、これでは答えになっていません。

支払いは毎月しなければいけませんから、毎月返済が可能な金額でなければいけないのです。
『いいときは60,000円』でも、『悪いときは30,000円』であれば、「月々30,000円の返済が可能です」というのが正解ですね。

債権者の合意を得られたら

債権者の合意を得られたら

債権者の合意を得ることができたら、和解書を作成します。
これで任意整理は成立です。

その後は支払いが完了するまで、銀行振り込みで返済していくことになります。

債権者が合意しなかった場合

債権者が合意しなかった場合

債権者は、必ずしも合意してくれるとは限りません。
場合によっては、何度も交渉を重ねることもあります。

債権者にとってみれば、慈善事業でお金を貸しているわけではなく、金利を会社の利益としている商売なので、あまりに無謀な提案をされれば合意しないこともあることです。

しかし、早く解決したいからと言って、無理な金額での和解を了承するのは危険です。
『和解後、2回分以上の遅れがあった場合、一括請求となる』ということが条件で和解するケースがほとんどですので、万が一無理な返済金額で和解してしまうと、とんでもないことになる恐れがあります。

せっかく任意整理をしたのに、結果的には自己破産することになってしまったというケースは、実際にいくつも症例があります。
ご自身にとって無理のない返済額で和解成立としましょう。

月々の返済額が以前と変わらないケース

月々の返済額が以前と変わらないケース

中には、月々の返済額が大きく減少することがなかった、というケースもあります。

というのも、任意整理は3~5年で完了するのが一般的ですので、元々7年で返済する予定だった借金の金利をカットしたとしても、3年や5年に返済期間が短縮されれば、当然毎月の返済額は小さくはなりません。

元々返済額が月々50,000円で毎月の返済が負担となって任意整理したのに、結果的には月々の返済額が46,000円と大きく減ることがなかった、というケースはあります。
しかし、返済期間は大きく短縮することになりますので、そこをどう捉えるかはご本人の判断となりますね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12