任意整理の返済期間はどれくらいなの?

任意整理の返済期間はどれくらいなの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

返済方法と返済期間は?

返済方法と返済期間は?

任意整理の返済方法は、『一括返済』と『分割返済』の2種類あります。

一般的には、任意整理をするくらいですから経済的な余裕はないことが多く、分割返済が多くなっています。
分割返済は一般的に返済期間が3~5年と設定されており、毎月一定額の支払いをします。

返済期間が短くなると、毎月の返済額が高額となるため、月々返済が可能な金額で和解することが重要です。
将来利息はカットされているため、返済期間が長くても短くても返済総額は同額です。

しかし、一括返済となると、少し条件が変わってきます。

例えば、親族の方がまとまったお金を貸してくれるなどして、一括返済が可能となった場合、未払い利息や将来利息だけでなく、元本の減額もしてもらうことができるでしょう。

一括返済は、債権者にとっても望ましいことです。
任意整理をした債務が、いずれ個人再生や自己破産などにならないとも限りません。
債権者としては、できるだけ回収したいと考えますので、一括返済に良い条件を付けることが多いのです。

月々の返済額の設定

月々の返済額の設定

二度と返済困難にならないためには、やはり返済金額の設定は重要です。
弁護士や司法書士に任意整理の手続きをお願いする際に、最も慎重に決めないといけない事柄でしょう。

無理をせず、返済可能な金額に設定するためには、生活費と返済額のバランスを重視しましょう。
返済期間が長くなれば月々の返済額は少なくなりますので、生活にゆとりができ、返済に無理がありません。

逆に、1日にも早い完済を望むのであれば、家賃の安いアパートに引っ越しをしたり、生活費を抑える工夫をして、月々の返済額を多く設定すると良いでしょう。
期間が長くなっても短くても、返済総額は同額です。

返済期間の決め方

返済期間の決め方

債権者は、なるべく短い期間に回収したいと考えるでしょう。
返済期間に関する決まりは法律にはありませんので、債権者との交渉次第で合意が得られれば、ある程度の事情は汲んでもらえるでしょう。

一般的には3年間、一定額の返済を毎月することが基本です。

なぜ一般的に3年の返済になっているのかと言うと、個人再生が成立した場合、裁判所の調停案で3年で返済することが原則となっているためです。
3年以上経過すると、債務者の生活環境に変化が現れ、支払能力に影響することも考えられるため、一つの目安として3年とされているのです。

ただし、「3年ではとても高額で払えない」ということが認められれば、3年を超える返済期間で設定されることもあります。
最長5年となっていますので、5年を超える返済案では和解が成立しない債権者もあります。

5~7年の返済期間

5年を超える分割返済が認められるケースには、いくつかの条件があります。
・債務者の収入が安定している。
・確実な支払い能力がある。
・固い完済の意思が見られる。
・長期に渡る貸金業者との取引。
・過去、延滞などない。

ここに、弁護士の高い交渉能力が加われば、5年を超える返済期間で和解となる場合もあるでしょう。

支払いの遅延、繰り上げ返済

支払いの遅延、繰り上げ返済

任意整理の成立後は、返済期間中、毎月一定額を返済することになります。

返済中に繰り上げ返済を希望した場合、金融機関に問い合わせをして繰り上げ返済の仕方を聞きましょう。
繰り上げ返済は可能です。

ただし、その入金の仕方は金融機関によって異なりますので、必ず確認をするようにしてください。

繰り上げ返済は大いにけっこうですが、遅延は可能な限り避けなければいけません。
万が一の遅延も、2回分の遅延で一括返済を言い渡されてしまいます。

止むを得ない理由がある時には必ず弁護士か担当者に連絡をして、遅れる理由といつ入金するのかを明確にお話ししてください。

そもそも、遅延することのない返済計画で和解する必要があります。
子どもの進学や家族の状況など、完済までの生活を見越して返済計画を立てましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12