任意整理にかかる費用は?着手金はどれくらい?

任意整理にかかる費用は?着手金はどれくらい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理を依頼するなら

任意整理を依頼するなら

任意整理は、債務整理の中の一つです。

債務整理には、任意整理民事再生自己破産の3種類があり、唯一裁判所の介入がない方法となっています。

債権者との交渉で未払い金利と将来金利をカットし、返済しやすい状況にした上で3~5年で返済を完了させます。
また、任意整理の場合、全ての債務を対象とする必要はなく、自分の債務の中から選択をして手続きすることが可能です。
ただし、交渉に関しては、代理人として弁護士に依頼すると良いでしょう。

140万円未満であれば、司法書士でも手続きを行うことができます。

任意整理の弁護士費用の相場

任意整理を依頼するなら

気になるのは、任意整理を依頼した際の費用ではないでしょうか。

借金返済を縮小するために任意整理をしたいのに、そのために高い費用が掛かってしまっては全く意味がありません。
費用は法律事務所によって異なりますし、弁護士に依頼するのか、司法書士に依頼するのかによっても異なります。

任意整理の費用の内訳

・着手金
・基本報酬
・過払い金返還成功報酬
・減額報酬

上記の費用が発生し、負債の債権者1社あたりの費用となります。

着手金

着手金は、依頼すると際に支払う費用です。
着手金の有無は事務所の方針によりますが、弁護士への依頼の場合は着手金が発生すると考えると良いですね。

・着手金の相場

債権者1~2社・・・・・約4~5万円
債権者3社以上・・・・約2万円×債権者数

司法書士の場合、着手金を取らないケースが多いようです。

基本報酬

基本報酬は、債権者と交渉して問題が解決し、和解成立となったときに支払う費用です。

・基本報酬の相場

債権者1社あたり・・・・2~3万円

基本報酬の総額は、任意整理で対象となる債権者の数で決まります。

債権者1社あたり2万円、任意整理する金融業者5社。
2万×5社=10万円
基本報酬は10万円です。

過払い金返還成功報酬

過払い金返還成功報酬は、任意整理の際に過払い金があることが分かった際に発生します。

・過払い金返還成功報酬の相場

過払金回収額の20~25%前後(ただし、訴訟の有無で異なります)

訴訟なし、交渉で回収・・・過払金回収額の20%前後
訴訟あり、裁判で回収・・・過払金回収額の25%前後

減額成功報酬

減額成功報酬は、利息制限法で金利の引き直し計算で債務が減額したことに対する報酬です。

・減額成功報酬の相場

減額した金額の約10%

減額成功報酬は、事務所によって取る場合と取らない場合があります。
司法書士の場合は、減額成功報酬を取らない場合が多くなっています。

法テラスで任意整理を依頼すれば着手金は無料?

法テラスで任意整理を依頼すれば着手金は無料?

法テラスの正式名称は、「日本司法支援センター」で、国が運営母体になっている国民向け法律相談の総合窓口です。

弁護士や司法書士に依頼したくても、お金がなくてできない人向けの機関ですので、立替払い制度があります。
法テラスに依頼をして、分割で弁護士費用を支払っていくことが可能になっており、経済的に行き詰っていたり、手元に資金が十分にない人にとって、大変助かる法律相談施設です。

法テラスに依頼をする場合、弁護士報酬は一般的な弁護士事務所よりも安価になっていおり、外部の弁護士に直接依頼する場合よりも、支払い総額が安くなることがほとんどです。

法テラスの相談料は、三回まで無料になっています。
ただし、担当になる弁護士を選択することができず、自分と相性が悪い弁護士に当たってしまう可能性があります。

法テラスで任意整理を行う場合、債権者数に応じて着手金が必要になってきます。
つまり、任意整理の相談は無料ですが、依頼をするとなるとやはり費用はかかるということです。
ですが、外部の弁護士に直接依頼するよりも費用が抑えられるということですね。

法テラスは国の機関ですので、外部弁護士と比較して対応が遅い場合があります。
ですので、早く問題を解決したい人は外部弁護士に相談することも一つの方法になります。

弁護士と司法書士の費用の違い

任意整理を依頼するなら

一般的に、弁護士費用に比べて司法書士費用の方が安くなっています。
司法書士は、着手金や減額成功報酬を取らない事務所も多く、弁護士と比較すると全体の費用が安く設定されています。

これには理由があります。
弁護士の場合、案件が民事再生や自己破産となり、裁判所の介入があった場合、債務者の代理人として法廷に立つことができます。
しかし司法書士は法定に立つことができないため、代理人になることができません。

また、司法書士の場合、140万円以上の取り扱いができないため、1社あたり140万円以上の債務がある場合、手続きを行うことができません。
つまり、債務や過払い金の状況次第で、司法書士では対応しきれず、二度手間で弁護士に依頼し直すということになり兼ねないということです。

ただし、ご自身の債務が条件に合っている場合には、司法書士の方が安い費用で依頼することができます。
無料相談を実施している弁護士事務所や司法書士事務所も多いので、まずは電話で相談をして確認してみましょう。

費用は分割で支払うことも可能ですので、相談する際に確認してみると良いでしょう。
もしも悩んでいるのでしたら、早めに相談することをお勧めします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12