法テラスで任意整理をしたほうがお得な理由とは?

法テラスで任意整理をしたほうがお得な理由とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

法テラスがお得な理由

法テラスがお得な理由

借金の返済が困難になって債務整理をする場合、費用が気になるのではないでしょうか。

債務整理を検討している場合、経済的に困窮していることがほとんどでしょう。
ですから、債務整理に高額な費用が掛かってしまうのは、大きな問題となりますね。

「費用は分割でOK!」などという弁護士事務所が多くなっていますが、やはりその金額は気になります。
とは言え、「費用が高いから・・」と、債務整理をすることを躊躇していては、借金返済の問題が大きくなってしまいます。

そんな方のために、法テラスの民事法律扶助制度があります。

民事法律扶助とは公的な制度で、一定基準を満たしている方が利用することができる制度となっています。

着手金や報酬金など債務整理にかかる費用は?

着手金や報酬金など債務整理にかかる費用は?

債務整理に必要な費用には、司法書士や弁護士に支払う報酬として、着手金と報酬金があります。
任意整理であれば、着手金と報酬金だけでOKですが、民事再生や自己破産は裁判所への予納金があります。

予納金とは

・官報掲載費用
・破産の場合の破産管財人への報酬
・民事再生の再生委員への報酬
・その他、切手代、印紙代、通信費等の実費

司法書士、弁護士費用

司法書士や弁護士に債務整理を依頼した際、着手金や報酬金などについては自由化されています。
ですから各事務所で異なり、同じ仕事に対する報酬金額の設定が異なります。
つまり、高いところもあれば、安いところもある、ということですね。

民事法律扶助制度で費用の支払いを立替

民事法律扶助制度で費用の支払いを立替

債務整理の手続きをする際、法テラスの民事法律扶助制度を利用することができます。
民事法律扶助とは、日本司法支援センター(法テラス)が行う公的制度です。

この制度を利用して、弁護士や司法書士に支払う費用の立替をしてもらうことが可能です。
ですから、この制度を利用すれば、手元にあるお金が足りなくても、債務整理の手続きができます。

また、民事法律扶助の利用で、司法書士や弁護士に支払う報酬額は所定の金額が決められており、この制度を利用しなかったケースと比較すると安い費用で債務整理が可能となります。

例えば、任意整理の場合は減額報酬の発生はありません。
自己破産の申立では、司法書士へ依頼で86,400円、弁護士へ依頼で129,600~275,657円の報酬でOKです。

ただし、民事法律扶助制度の利用は、収入や資産の一定基準が定められています。

法テラスへの申込み方法

法テラスへの申込み方法

法テラスを利用して、費用立替制度に申し込みをする方法は3通りとなっております。

・各県に設置されている法テラスの事務所に電話をして、常勤弁護士に依頼する。
(ただし、弁護士の常勤がない場合もあります。)

・各県に設置されている法テラスの事務所に電話をして、弁護士や司法書士の紹介をしてもらって申込みをする。

・ご自身で、法テラスに登録している弁護士や司法書士を探して、ご自身でアポイントを取って直接相談に行く。
(この場合、「債務整理をしたいのですが、法テラスの扶助制度は利用することは可能でしょうか?」とご自身から制度のことをお話ししてください。

依頼者が法律扶助制度の利用を希望した場合、司法書士や弁護士はその希望を尊重しなければいけません。

*申し込み方法が異なっても、費用は同額です。

>>法テラスのWEBサイトはこちら

借金生活からの立て直しをするために

借金生活からの立て直しをするために

借金返済が困難となり、債務整理をしなければいけない状況になってしまったら、まず考えなければいけないこととして、多重債務を解消して生活の立て直しをすることです。

経済的に安定することは、生きていくためには必要なことです。
そのためには、多重債務を解消するために行う債務整理に高額の費用を支払っている場合ではありません。

同様の手続きを取ることができるのであれば、なるべく安い費用で行いたいとは思いませんか。
まずは、法テラスに無料相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12