任意整理をすると借金が100万円の場合ならいくら減るの?

任意整理をすると借金が100万円の場合ならいくら減るの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理は債務整理方法の一つ

任意整理は債務整理方法の一つ

任意整理は、債務整理の方法の一つです。
債務整理には3種類あって、任意整理のほかに個人再生(民事再生)と自己破産があります。

任意整理は、この3種類の債務整理の中でも、比較的軽めの方法となります。

個人再生と自己破産に関しては、裁判所の介入が必要ですが、任意整理は債権者と債務者の交渉となります。
債務者本人が債権者と交渉をすることもできますが、弁護士などの専門家が代理人となって交渉するのが一般的です。

任意整理で借金はいくら減る?

任意整理で借金はいくら減る?

では、任意整理をすることで借金はどの程度減るのでしょうか?
実際に、任意整理を希望する方の多くの方が、「任意整理でどのくらい借金が減りますか」という質問をされるようです。

任意整理は、債務の全てを対象とするわけではありません。
支払いが困難になっている債務や、負担となっている債務など、選択することができるのです。

任意整理をすると債権者と交渉して、利息金をカットすることができます。
目安として、3~5年の分割で返済する計画となります。

基本的に、任意整理でカットされるのは利息の部分だけとなっています。
元本がカットされることがあるとしたら、調査の結果、過払い金が発生していたときだけとなります。

ただし、任意整理をすると、過払い金の有無に関わらず、未払利息・将来利息のカットをすることができます。

[例]100万円の借り入れ、金利15%の場合
毎月の返済、35,000円、3年返済。

この場合、返済総額は125万円になります。
つまり、利息分が25万円の支払いとなります。

しかし任意整理することで、この25万円の利息をカットすることができるのです。
返済額が25万円減るということは、かなり大きな金額ではないでしょうか。

ですから、借入金、金利、返済期間などによって、任意整理で減らすことができる金額は異なるということですね。

任意整理の一括返済

任意整理の一括返済

任意整理は基本的に借り入れを返済することが前提となっています。
一般的には、任意整理後の返済は約3年間、長くて5年で返済することになります。

しかし、もしも家族の協力により一括返済が可能な場合、一括返済をすることをお勧めします。
実は、任意整理をして利息がカットになった上に、借り入れ総額をさらに減らすことができるからです。

債権者の交渉次第ではありますが、借り入れ総額の70~90%の金額に減額されます。
つまり、借り入れ総額の10~30%がカットされることになるので、かなり負担が減りますね。

また、債権者にとっても、一括返済されることで将来的に自己破産などの措置を執られる不安がなく、借り入れを取り戻せないリスクもなくなるということです。
そのようなメリットがあるため、一括返済のための減額交渉に応じるというわけです。

任意整理の交渉

任意整理の交渉

このように、任意整理には債権者との交渉が付きものです。
どんなに口が達者な人でも、専門知識がなければとても交渉などできません。

また、相手は何度も弁護士相手に交渉経験がある債権者ですので、交渉や手続きに関しては弁護士や司法書士などの専門家にお任せするようにしましょう。

さらに、債務整理を専門としている弁護士や司法書士でなければ、上手く交渉できないこともあります。
弁護士や司法書士に依頼すれば大丈夫!ということではないので、気を付けてください。

交渉をすれば、必ず思った通りの結果が出る、ということはありません。
まさに、弁護士や司法書士の手腕だと言っても良いでしょう。

依頼をするときには、必ず債務整理を専門としている弁護士や司法書士であることをHPなどで確認するようにしましょう。
債務整理の実績があり、症例として任意整理や個人再生、自己破産を扱っている情報が記載されていれば、まず大丈夫でしょう。

中には、明確に『債務整理を専門としています』と記載されている場合もあります。
数件の弁護士事務所のHPを見たり、問い合わせをするなどして、ここだ!と思う弁護士や司法書士が見つかれば、まずは相談してみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12