任意整理をすれば住宅ローンはどうなるの?

任意整理をすれば住宅ローンはどうなるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理が多いわけ

任意整理が多いわけ

多額な借り入れや多重債務で返済が困難になったとき、債務整理で返済を楽にすることができます。

債務整理には、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産の3種類がありますが、最も多くの人が選ぶ方法は『任意整理』となっています。

任意整理は、個人再生や自己破産のように裁判所の介入がなくても手続きを行うことができ、債務整理の中でも事故記録としてはイメージが良いということがその理由でしょう。
また、任意整理の依頼をしたことがキッカケで、過払い金があることが分かるケースもあります。

返済しようという姿勢

返済しようという姿勢

任意整理をすることで利息をカットするなどして返済額を減額した場合、個人再生や自己破産に比べて金融機関や貸付業者に与えるダメージは少なく済みます。
「できるだけ返済しよう」という姿勢が見えますので、その分、心証は良いと言えますね。

仮に、任意整理で過払い金があることが分かり、過払い金返還で借金の残高が完済できる場合、信用情報機関に記録が残ることもありません。

住宅ローンの利用

住宅ローンの利用

債務整理は債務事故です。
それは、任意整理であっても個人再生であっても自己破産でも、債務事故であるという意味では同じです。

信用情報機関には事故情報として記録が残りますし、それはいわゆるブラックリストに載るという状態です。

債務整理から5~7年の期間は借り入れはおろか、クレジットカードも作ることはできませんし、住宅ローンの審査に通ることは難しいでしょう。

ただし、任意整理は、個人再生や自己破産のように裁判所が介入しないため、官報に記載されることがありません。
5~7年経過すれば信用情報機関の事故情報は消されますので、クレジットカードの作成もできますし、住宅ローンを利用することもできるでしょう。

ただし、住宅ローンの申請をする際には、任意整理した貸付業者の系列の銀行より、ほかの系列の銀行を利用したほうが審査は通りやすいでしょう。
クレジットカード会社や貸付業者にも系列銀行(グループ)がありますので、調べて見ると良いですね。

任意整理した先の貸付業者と同系列の銀行の場合、任意整理から5年以上経過していても住宅ローンの審査に通らない場合があります。
と言うのも、任意整理に限らず、債務整理をされた側の貸付業者では、その記録が消されることはないからです。
同系列の金融機関では、データとして共有していることが考えられます。

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査内容は、様々な事項が設けられています。
数千万円の融資となりますので、融資をする銀行ではそれだけ細かな審査を行いますし、確実な返済を見込める方への融資を望むのは当然でしょう。

審査内容は、銀行によって異なりますが、下記の事項は基本的なものです。
・申込者の収入
・勤務先
・業種
・勤続年数
・信用情報機関の事故情報の登録はないか

つまり、債務事故情報の有無だけではなく、様々な要素があるということです。
とは言え、やはり債務事故情報はある方への融資は、審査が通りにくくなっています。

しかし、収入や勤続年数に問題がなく、安定した収入を見込める場合、任意整理から5~7年以上経過していれば問題なく住宅ローンの利用をすることができるでしょう。

任意整理後に住宅ローンを利用する予定がある方は、債務をしっかりと完了し、できれば銀行に貯蓄をすると心証が良いでしょう。

任意整理中に住宅ローンの借り換えはできる?

mo1408-m

任意整理後では、住宅ローンの審査には通らない。
では、もうすでに住宅ローンを利用しているケースではどうなるのでしょうか?

例えば、住宅ローンの借り換えなどですね。
低金利のローンに借り換えをしたいと考えることもあるでしょう。

しかし、任意整理中は原則としてローンの利用はできないため、債務者は住宅ローンの借り換えもできません。

任意整理は特定のローンのみを整理できる方法であり、住宅ローンを除外して債務整理ができます。
しかし個人信用情報には登録されてしまうため、ローンの類は利用できません。

住宅ローンの借り換えをするためには、新たにローン契約をしなくてはいけないのです。
借り換えによって金利を下げようと考えても、個人信用情報から抹消されるまでローンは利用できません。
任意整理の場合は5~7年ほどローン契約ができないため、やはりそれまでは待つしかありません。

住宅ローンの借り換えを考えている方は、債務整理をする前に行ってしまいましょう。
ローンの中でも住宅ローンは借入額が大きくなりやすいので、借り換えによって金利を下げるだけで借金返済は相当に楽になるはずです。
キャッシングやカードローンの任意整理を考えている方は、住宅ローンの借り換えによって任意整理を避けられないか検討してみましょう。

個人信用情報に登録された債務者はクレジットカードの利用もできなくなります。
任意整理の場合は官報や破産者名簿に載ることはありませんが、ブラックになるため5~7年間はローンの利用ができなくなるのです。

配偶者名義の住宅ローン

配偶者名義の住宅ローン

ご自身の任意整理後に、配偶者名義の住宅ローンを利用する際、「影響するのではないか」と心配される方がいらっしゃいます。
しかし、債務事故や借り入れに関しては、あくまでも個人の問題です。
配偶者であっても、影響することはありませんので、心配は要りません。

ただし、連帯保証人になっている場合は、債務整理をすることで返済義務が連帯保証人に移行しますので、その場合は影響するでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12