任意整理中に新たな借金をしたらどうなるの?

任意整理中に新たな借金をしたらどうなるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理をするべき人とは

任意整理をするべき人とは

日本では借金が重大な社会問題となっており、借金の悩みを持つ方は200万~300万人にも上ると言われています。
そういった方のために『債務整理』という制度がありますが、中には夜逃げや自殺をする人も少なくありません。

『任意整理』は債務整理の一種で、借金返済の減額をする方法です。
今ある借金の中から任意整理したい借金を選択し、その借金の支払い利息をカットしてもらうことができるため、住宅ローンや自動車ローンなど対象にしたくない借金はそのままにすることが可能です。

現在、借金の返済が困難になっている方の中でも、どんな方が任意整理に向いているのでしょう。

借金の総額が比較的小さい

もう少し返済が楽になれば返済は可能だという方に向いています。
大幅な借金減額はできませんが、支払利息のカットをすることができます。

毎月一定の収入がある

任意整理後は、毎月一定額の返済をしなければいけません。
利息はカットされますが、元本の返済は3~5年で完済する必要があるため、その程度の返済ができる収入がなければ任意整理をすることはできません。

自動車ローンがある

同じ債務整理でも、民事再生や自己破産の場合は全ての借金が対象となるため、自動車ローンがある場合にはローン会社が自動車を引き取りに来ることになります。
任意整理の場合、選択した借金だけを対象とすることができるため、自動車ローンは対象外にすれば自動車を没収されることはありません。

連帯保証人がついている

借金の中に連帯保証人がついている借り入れがある場合、債務者が債務整理をすることで連帯保証人への請求がされてしまいます。
例えば、民事再生をすればカットされた元本と利息の部分は連帯保証人に請求がいきますし、自己破産の場合は全額請求がいくことになります。
その点、任意整理は連帯保証人がついた借り入れを対象から外せば、連帯保証人に迷惑をかけることがありません。

任意整理中に新たな借金をしたら・・・

任意整理中に新たな借金をしたら・・・

通常、任意整理中に新たな借金をしようとしても、貸し付けをしてくれる貸金業者はほとんどないでしょう。
任意整理申し立て中だということは信用情報機関を照会すれば分かることですし、わざわざ借金の返済が困難になって任意整理の手続きをしている人にお金を貸すところはありません。

ただし、稀に街金と呼ばれるところでは、任意整理中であっても状況や借り入れの必要性を考慮して、貸し付けするところもあるかもしれません。

しかし、任意整理中に新たな借金をするということは、通常では考えられません。
現在ある借金の返済に困って任意整理の手続きをしているにも関わらず、さらに借金をするとなると、返済できないことを前提に借り入れしているようなものです。
しかし、それでも借り入れをしてしまった場合、どうなるのでしょうか。

弁護士は、債務者から依頼を受けて任意整理の申し立てをしますが、その際、新たな借金をしたということを知ると、ほとんどの弁護士は間違いなく下りるでしょう。

任意整理は、債権者との交渉によって利息をカットする手続きです。
債権者としては、できれば応じたくない交渉なのです。

利息を取れないということは、『貸し損』ですからね。
そこを交渉するのが弁護士です。

その交渉をする中で新たな借金をしたとなると、「何のために利息カットの交渉をしているのか」ということになります。
「新たな借金(+利息)を返済する余裕があるなら、今ある借金をまず返済しろ」ということですね。

「どうせバレないだろう」と思うかもしれませんが、借金をすれば個人信用情報機関に新たな登録がされ、照会すればすぐにバレることです。
ただし、照会するには厳しい規制があるため、弁護士であっても「債務者が借り入れをしているか調べたい」という理由は通りません。

それでも絶対に知ることはない、ということはありません。
弁護士は、債権者から「申し立て人が新たな借金をした」という事実を聞かされると、まず本人に確認をすることになりますが、事実であれば誤魔化しようがないでしょう。
その時点で依頼は解除されてしまいます。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12