任意整理で口座凍結される前にしておく対策とは?

任意整理で口座凍結される前にしておく対策とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

銀行からの借り入れ

銀行からの借り入れ

銀行では、フリーローンやカードローン、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなど、様々な貸付商品を持っています。
フリーローンやカードローンを利用している方は多いのではないでしょうか。

このような銀行のローンを利用する際、必ず口座を設けなければいけません。
その口座を介して借り入れや返済を行うため、口座を設けなければローンの利用をすることはできません。
銀行のローンは一般的に消費者金融などより審査が難しいとされており、審査に通らないこともあるでしょう。

銀行のフリーローンやカードローンなどを任意整理の対象にすることは可能です。
任意整理の対象は消費者金融からの借り入れが多いという印象を持っている方が多いようですが、実際には銀行などの金融機関からの借り入れを債務整理する方は多くなっています。

口座凍結とは

口座凍結とは

口座凍結という言葉を聞いたことがあるという方は多いでしょう。
『振り込め詐欺に利用された口座を“口座凍結”させた』というニュースを見聞きしたことはありませんか。

口座凍結は、犯罪だけでなく債務整理の際にも執行される場合があるのです。
口座凍結は銀行の判断で口座からの引き出しや引き落としを一時的にできなくする措置で、前以て通知などは一切ありません。

任意整理などの債務整理を行う場合、弁護士は依頼を受けた段階で債権者に受任通知を送付します。
受任通知とは、『債務整理の手続きをします』と債権者に知らせるもので、受任通知を受け取ると債権者は取り立てをストップし、債務者の返済義務は一時的になくなります。
受任通知を受け取った銀行は債務者の口座を凍結して、貸付金の回収をするために口座の預貯金と貸付金を相殺することができるのです。

相殺後の残債に関して、銀行は保証会社に請求をして、保証会社は債務者に代わって返済を行います(代位弁済)。
ですから、その後の債務者の返済は保証会社に移行します。

口座凍結の対策

口座凍結の対策

口座凍結を避けることはできませんが、影響を小さくすることは可能です。
重要なのは、弁護士から受任通知が送付される前に対策することです。

預貯金の引き出し

債務整理を行う借金の銀行口座に入っているお金は、全て引き出しておきましょう。
受任通知が届く前に引き出さなければ、口座を凍結されてからでは引き出すことは不可能です。
別口座に移しておくか、現金で手元に置いておくと良いですね。

給与振込口座の変更

凍結後であっても、振り込みや預入をすることはできます。
万が一、凍結後に給料が振り込まれた場合、引き出すことは不可能です。
事前に、職場に給与振込口座の変更をお願いしましょう。

引き落とし口座の変更

口座凍結をすると、引き出しだけでなく公共料金や家賃などの引き落としも出来なくなってしまいます。
前以て変更しておかなければ、引き落としができずに料金延滞となってしまいます。
支払方法の変更を申請しておきましょう。

口座への入金はどうなる?

口座が凍結された後、売掛金の振り込みなどがあった場合、そのお金と貸付金を相殺することは禁じられています。
ただし、だからと言ってそのお金をすぐに引き出すことはできませんので、第三者からの入金が予定されている場合には、口座の変更を伝えておくようにした方が良いでしょう。
引き出すには、銀行と代位弁済をした保証会社の承諾が必要となり、簡単な手続きでは引き出すことができません。

他行の新設口座

必要に応じて新たな口座を設けることになりますが、他行の口座であれば全く問題なく新設口座を設けることができます。
口座を開設するには審査など必要ありませんし、身分証明と印鑑があればOKです。

口座凍結の期間

口座凍結の期間

口座凍結は一時的な措置ですので、一定条件を満たせば口座の利用は可能です。

また、債務整理を行った人の名義の口座が全て凍結される訳ではなく、借り入れの取引があった口座だけが対象となります。
銀行によって異なりますが、一般的には代位弁済が完了すれば口座凍結が解除されるますので、期間としては1~3ヶ月です。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12