任意整理の対象から1社のみを外すことはできるのか?

任意整理の対象から1社のみを外すことはできるのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

利用しやすい任意整理

利用しやすい任意整理

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産がありますが、中でも任意整理は比較的軽めの手続きだとお考えください。

任意整理をすることで支払い利息をカットすることができますので、支払い総額は減額することができます。
また、大きな特徴として、全ての借金を対象にする必要がなく、選択した借金だけを対象にすることができるのが『任意整理』です。

ですから、4社借り入れがあるうち1社のみ任意整理の対象から外すことも、2社のみということも可能です。

民事再生や自己破産は全ての借金が対象になるため、連帯保証人に迷惑をかけることになったり、自動車ローンがある場合には自動車が没収されてしまいます。
任意整理はご自身の都合で対象にする借金を選択することができるため、借金の返済に困った場合には非常に利用しやすい制度だと言えるでしょう。

借金の選択の仕方

借金の選択の仕方

任意整理では対象となる借金を選択することができますが、どんなことを基準にして選択したら良いのでしょう。

上記でも例に挙げましたが、連帯保証人が付いている借金や、自動車ローンなどは要注意です。
連帯保証人が付いている借金の場合、任意整理でカットされた(債務者が支払わない)利息は連帯保証人に請求されるため、迷惑をかけることになります。
ですから、なるべく連帯保証人が付いている借金は対象から外すようにした方が良いでしょう。

もしもどうしても対象にしたい場合には、必ず連帯保証人の方に状況と事情を前以て説明するようにしましょう。
また、自動車ローンの場合、任意整理の対象になると自動車が没収されてしまいますので、やはり対象外にした方が良いでしょう。

さらに今後、住宅ローンや教育ローンなどでお世話になる可能性がある銀行や金融機関からの借金がある場合にも、対象外とすることをお勧めします。
任意整理をすると5年間はローンを組むことも借り入れすることもクレジットカードを作ることもできませんが、5年経過すれば可能となります。
それ以降に家を建てたり、子どもさんの教育費がかかる予定がある場合は、その金融機関の心証を良くするためにも対象外にしましょう。

任意整理の事実は、5年間で信用情報機関の登録が抹消されますが、実際に対象となった金融機関や貸金業者では記録が消されることはありません。
債務整理は債権者側にとっては、言わば『借金の踏み倒し』です。
契約時には『元本+利息』をしっかり返済することを約束しているのに、その約束を破った人という扱いになります。

約束を破った人=信用できない ということになり、かなり心証は悪くなります。
そうなると住宅ローンや教育ローンの審査は通りませんし、フリーローンやカードローンの利用もできません。
ですから、今後長い付き合いを望んでいる金融機関や貸金業者からの借金は、任意整理の対象から外すことをお勧めします。

任意整理の対象から外した借金

任意整理の対象から外した借金

任意整理の対象から外した借金は、当然ですがそれまで通り『元本+利息』で完済するまで月々の返済を続けなければいけません。
ただし、他社の任意整理をしたことにより、対象から外した金融機関や貸金業者からもそれ以上の借り入れはできなくなるでしょう。

任意整理をしたという事実は、信用情報機関を通して他社であっても知ることができます。
『任意整理をした人=返済が困難である』という風に取れますので、契約時の利用限度額がいくらであっても、利用限度額に余裕があっても、任意整理後の利用はできません。
その期間は任意整理が認可されてから5年間です。

任意整理後、しっかりと完済するまで返済をすれば、5年後にはローンを組んだり借り入れすることが可能となるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12