任意整理とおまとめローンどっちをすればいいのか・・・

任意整理とおまとめローンどっちをすればいいのか・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理とおまとめローン

任意整理とおまとめローン

任意整理もおまとめローンも、共通して言えることは『借金の返済に困っているときに検討するもの』だということです。
では、どんな違いがあるのでしょうか。

任意整理

任意整理は債務整理の方法の一つで、法的措置となります。
債権者との交渉により、利息の支払いをカットしてもらうことで元本だけの返済となり、返済額が減額されるため、困難になっていた返済を楽にすることが目的です。

弁護士や司法書士に依頼して、代理人として債権者と交渉してもらい、債権者が合意すれば適用となります。
借金は全てを対象にする必要はなく、ご自身の都合で選択して任意整理することができます。

信用情報機関への登録がされますので、いわゆる『ブラックリストに載る』ということになります。
登録は5年間は消されませんので、クレジットカードを作ったりローンや借り入れの利用は一切できなくなってしまいます。

住宅ローンや教育ローンなどの審査にも、ほとんどの場合で通りませんし、携帯電話の本体を購入するときにも分割は利用できなくなってしまいます。
会社や親戚などにバレることはありませんが、お金の借り入れなどに関しては社会的信用を失うことになります。

ただし、任意整理は債務整理の中でも唯一裁判所の介入がないため、手続きは比較的簡単でスムーズです。

おまとめローン

一方、おまとめローンは法律などとは無関係で、金融機関や貸金業者が“商品”として持っている貸し付け方法です。
多重債務で返済が困難な人に、全ての借り入れを1社にまとめて返済を楽にすることが目的です。

毎月4社も5社も支払いがある方は、一ヶ月の返済額が大きくなってしまいがちです。
おまとめローンは借入額が大きくなるため、金利が低く設定してあり、さらに返済期間を長くすることで、月々の返済額を小さくすることが可能なのです。

おまとめローンは総量規制の対象外となっているため、現在、総量規制を超える借り入れをしている方でも利用が可能です。
ただし、審査がありますので、通らない場合もあります。

二つを比較すると分かりますが、任意整理は国が定めた法的措置を利用して借金そのものの返済額を減額するもので、おまとめローンは個人が現在ある借金の返済を楽にするために新たに組み直しをするものです。

任意整理を選択した方が良い人

任意整理を選択した方が良い人

既に借金の返済が滞っている状態が続いたり、金利の支払いしかできない状況となっている場合、迷わず任意整理を選択してください。
やれるだけのことをやって、どう頑張っても返済ができない場合には、法的措置を頼りましょう。

また、おまとめローンの審査に落ちてしまった場合には、任意整理を考えてみると良いですよ。
返済のプレッシャーから解放され、人生を再生するチャンスを与えられます。

ただし、任意整理をすれば信用情報機関に登録され、ローンや借り入れができなくなるため、住宅ローンや教育ローンを利用する予定がある方には任意整理は向いていません。

おまとめローンを選択した方が良い人

おまとめローンを選択した方が良い人

返済能力がある方は、おまとめローンを選択することをお勧めします。
副業を持ったり、生活費を切り詰めるなどして、なんとか返済できる場合には『返済する道』を選択するのが正解でしょう。

借金は返済しなければいけないものです。
どうにかなるなら、どうにかするべきなのです。

債務整理をしても、信用情報機関の登録は5年で抹消されます。
会社や親戚などにバレることもありません。
守られるべきプライバシーはきちんと守られます。

しかし、そのことによって損害を被る金融機関や貸金業者がありますし、場合によっては離婚や家族の信頼を失うことに繋がる場合もあります。

おまとめローンを利用することで借金を1社にまとめて、低金利で長期になれば返済が可能だという方は少なくないでしょう。
返済が可能であれば。

或いは、返済が可能になる方法があるのであれば。
『返済する道』を選択することをお勧めします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12