任意整理で一括返済のメリットってあるの?

任意整理で一括返済のメリットってあるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理をすると返済総額が減額

任意整理をすると返済総額が減額

任意整理をすると利息部分がカットされるため、返済総額は減額されます。

対象とする借金を選択することができるため、自動車を没収される恐れがある自動車ローンや迷惑をかける可能性がある連帯保証人が付いている借金に関しては対象外とし、不都合がない借金だけを対象にすることができます。

任意整理が認可され利息がカットされた借金は、基本的には3年間、特別な理由がある場合は5年間で完済することになります。
ですから、長期返済の借り入れに関しては、支払総額は減額になっても月々の返済額が大きくなるケースもありますので、弁護士とよく相談する必要がありますね

一括返済を前提とした任意整理

一括返済を前提とした任意整理

任意整理では支払利息がカットされますが、万が一、任意整理後の返済できなくなると、民事再生をして元本の減額をしたり、自己破産をして借金をゼロにするというケースもあります。
債権者としては、当然そのような事態は避けたいと考えます。

貸し付けした分に関しては、できるだけ回収したいと考えるのは当たり前ですね。
ですから、一括返済を前提に任意整理の申し立てをした場合、債権者の同意を得やすくなります。

分割返済でいつ返済が滞るかもしれない不安や、また、これ以上状況が悪くなり民事再生や自己破産されるくらいなら、一括で確実に元本だけでも返済してもらおうと考えるのです。
ですから一括返済を条件に出すと債権者との交渉がしやすくなりますし、早々に同意を得ることができるため、認可されるまでの期間が短縮されるでしょう。

また、一括返済の意思を示すことで、場合によっては元本の減額にも応じてもらうことができる場合もあり、弁護士の手腕によってはかなり良い条件で和解することができるケースも少なくありません。
もしも、親族からの借り入れなどで一括返済が可能であれば、弁護士に話して相談してみましょう。

任意整理後の一括返済

任意整理後の一括返済

では逆に、任意整理をしたあとに一括返済をする場合、どのようなことに気を付ける必要があるでしょう。

まず第一に、一括返済をする場合には必ず担当してくれた弁護士を通して手続きを行ってください。
直接債権者と交渉をすると、面倒なことにもなり兼ねません。
弁護士に『今の状況での一括返済』にどんなメリットデメリットがあるのか、相談してみると良いですね。

ただし、任意整理後に一括返済をしても、それ以上減額になることはありません。
単純に残債を一括返済することになります。
ですから、メリットらしいメリットがあるとすれば、借金から解放されるスッキリ感くらいでしょうか。

「スッキリできれば、それでいい!」というのであればいいのですが。
任意整理後は、5年間は借り入れをすることもクレジットカードを作ることもできません。
ですから状況としては、もし万が一、お金が必要になるような何かがあったときに、手元にお金を残しておいたほうが心強いのではないでしょうか。

一括で返済しても分割で返済しても支払総額が変わらないのであれば、分割で返済したほうが良いかもしれませんね。

中には、任意整理後に「商売で一発当てた」「宝くじが当たった」「多額の遺産が入った」という場合もあるでしょう。
そのような場合には、一括返済をしてスッキリするのも良いかもしれませんね。

債権者としては、一括返済は望むところでしょう。
先述にもありますように、返済が滞る不安や民事再生や自己破産をされることを考えると、すぐにでも完済してほしいと考えるのは当然ですね。

ただし、一括返済をしても分割返済をしても、任意整理をしたという事実が信用情報機関に登録されている期間は同様に認可から5年間です。
一括返済したからと言って、その登録が短期間で取り下げられることはありませんし、登録には一括返済なのか分割返済なのかの違いが記載されることもありません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12