任意整理の依頼で借金の催促は止められる?

任意整理の依頼で借金の催促は止められる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債権者の催促

債権者の催促

借金の返済が遅れると、返済期日の翌日には債権者から催促の電話が来るでしょう。

初めは、「ご入金されていないようですが、何かございましたか?」や「返済期日をお忘れではないでしょうか」といった内容で女性スタッフから電話がかかってくるのが一般的です。
その際、「いつまでにご入金頂けますか?」と新たな返済期日の約束をすることになります。
約束した返済期日までに入金できれば問題ないのですが、その日も入金できなかった場合、今度は男性スタッフから電話がかかってくるでしょう。

しかし乱暴な言葉遣いや脅しと取れるような対応、横柄な態度をされることはありません。
現在の貸金業法では、取り立てに関する取り決めが非常に細かく定められていますので、それに反する取り立てを行うと違法となり罰則が与えられます。
ですから催促の電話に関しては、必要以上に怖がることはありません。

ただし、対応が柔らかいからと言って甘く見ていると、状況は深刻化していきます。
債権者は貸付金の返済を求めて訴訟を起こし、そうなると裁判所からの督促状が届くようになります。
法的措置を執られると、最終的には財産の差し押さえを強制執行されることになるでしょう。

借金は、返済することが前提となっています。
返済が滞れば催促をされますし、何らかの手段を講じなければ支払いを免れることはできないのです。

返済できない借金の催促を止めるには

返済できない借金の催促を止めるには

しかし、どんなに催促をされても返済できない場合、黙って財産の差し押さえを強制執行されるしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
日本には『債務整理』という制度があり、返済ができなくなった債務者を救済するための法的手段があります。

返済能力がある方は、支払利息がカットされる『任意整理』や借金の元本が減額される『民事再生』などを利用すると良いでしょう。
既に返済不能の状況にある場合には、借金が全てゼロになる『自己破産』をすることも考えてはいかがでしょうか。

任意整理などの債務整理は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をして手続きをすることになります。

例えば、Aさんが任意整理をするとします。
Aさんが弁護士に任意整理の依頼をすると、弁護士はAさんが借金をしている債権者に受託通知を送付します。
受託通知を受け取った債権者は、Aさんが任意整理を申請することを知ります。

この段階で、債権者はAさんに対する返済の催促をストップしなければいけません。
Aさんは任意整理が成立するまで、返済する必要もなくなるのです。

つまり、任意整理などの債務整理を正式に依頼した段階で、債権者からの催促を止めることができるということですね。

数社からの返済の催促に悩んでいる方は、すぐにでも債務整理を視野にいれて専門家に相談をしてみましょう。
催促が止まるだけでも精神的に解放されますし、債務整理をすることで借金の返済の目途を立ててもらうこともできます。
まずは無料相談の申し込みをしてください。

債務整理をするということ

債務整理をするということ

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されます。
登録期間は5~10年ですので、決して短いものではありません。

その間、お金を借り入れすることはもちろん、ローンの利用やクレジットカードを作ることさえできなくなってしまいます。
しかし、登録が抹消されれば、また元の生活に戻ることが出来るのです。

「債務整理をしたら人生は終わりだ」
「それだけはしたくない」
などと言う方がいるようですが、債務整理は人生を終わりにするどころか、人生の再生をする足掛かりとなるものです。

もう一度、一から人生をやり直すチャンスとして、債務整理を利用することは非常に前向きなことだと思いませんか。

債務整理は、返済が困難になった人を救済することを目的とした国が定めた制度です。
その制度を利用することを「人生の終わりだ」などと嘆く必要などありません。

現在、借金の返済で苦しい状況に立たされている方は、是非、前向きに債務整理を検討してみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12