アルバイトでも任意整理はできるのか?

アルバイトでも任意整理はできるのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

アルバイトだけど任意整理はできる?

アルバイトだけど任意整理はできる?

任意整理は債務整理のひとつで、借金の利息をカットすることができる法的手段です。
債権を選択することができるため自分の借金の全てを整理する必要はなく、保証人に迷惑を掛けたくない場合や自動車を回収されたくないときなどには、その債権を任意整理の対象から外すことができます。

任意整理の申し立てをして債権者の合意が得られれば和解交渉が成立し、和解に基づく返済が始まります。
任意整理をした借金は、支払利息をカットした借金の元本のみを基本的には3年で完済することになります。
特別な事情がある場合のみ、5年まで返済期間を延ばすことができます。

つまり、任意整理が和解成立した後にも返済は続くということです。
ここで問われるのは、返済していけるのか?ということですね。
収入が安定した会社員などであれば、問題なく任意整理を行うことができそうですね。

では、アルバイトの場合はどうでしょうか。
答えは『YES』です。
アルバイトでも任意整理を行うことができます。

アルバイトの任意整理の難易度

アルバイトの任意整理の難易度

正社員に比べて、アルバイトの任意整理は難しそうですね。
収入が不安定で保障がないアルバイトの場合、社会的な信用度も正社員に比べると不利な部分があります。

そもそも任意整理をする場合には、就業形態について問われるのでしょうか。
もしも話す必要がないのであれば、話さずに進めたいくらいですね。

しかし残念ながら、任意整理だけでなく債務整理の申請を行う際には、勤務先や就業形態について問われることがあります。
債権者と債務者の代理人(弁護士)が交渉を行う際に、月々の返済金額についての話し合いをします。

その際、「アルバイトですか?」と訊かれたり、「ボーナスはありますか?正社員ではないのですか?」と言われることがあるでしょう。
返済金額の話し合いには収入が話題に上りますので、避けられない部分だと言えるでしょう。

ただし、弁護士の機転によって、交渉をスムーズに勧めるために勤務先をこちらから明かしたり、場合によっては意識的に秘匿することもあります。
債務整理は債権者との交渉ですので、駆け引きが必要な場合もあるのです。

アルバイトであることが交渉に影響することはほとんどありませんが、収入によっては交渉が難航する場合もあるようです。

アルバイトの任意整理の条件

アルバイトの任意整理の条件

任意整理をする際に最も重要なことは、『月々の返済がいくらなら可能なのか』ということです。
重要なのは可能な返済金額であって、就業形態ではありません。

ですから、基本的に3年~5年で完済すれば良いところ、『アルバイトだから2年で完済しなくてはいけない』などと条件が厳しくなることはありません。
アルバイトの方も任意整理をする際には、法律に則って債権者と交渉し和解することができればOKです。

債権者側から見たアルバイトの任意整理

債権者側から見たアルバイトの任意整理

債権者にとっては、アルバイトであっても貸し付けした金額を回収することができれば問題はありません。
債務整理の申し立てがあった場合も、『アルバイトだから和解できない』ということはないのです。

むしろ、債務整理の中でも任意整理であれば利息をカットするだけで済みますので、民事再生や自己破産に比べると合意しやすいところがあるでしょう。
また、和解しなければ給料を差し押さえることになりますが、アルバイトの場合は正社員と比較して簡単に職場を辞めることが可能であるため、逃げられる可能性も考えてしまいます。

つまり、下手に給料の差し押さえをすることは得策ではないということです。
ですから債権者の立場で考えた場合には、交渉に応じて示談した方が得だということです。

アルバイトの任意整理は可能

アルバイトの任意整理は可能

結論を申し上げると、アルバイトでも任意整理をすることは可能です。
ただし、和解後にも返済が続くため、ある程度の返済能力が必要です。

アルバイトだからと言って躊躇せず、必要があれば弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12