任意整理をしても教育ローンは利用できるの?

任意整理をしても教育ローンは利用できるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

教育ローン

教育ローン

教育ローンには、国の教育ローンと民間の教育ローンがあります。

子どもが高校や大学、専門学校などに進学する際にかかる費用を貸し付けするのが教育ローンです。
入学金や授業料、教材費、学校が遠方になれば引っ越し費用や下宿代やアパート代もかかります。

このような進学に関わる資金が不足している場合、教育ローンを利用することで経済的な不安を解消することができますね。

教育ローンには、国の金融機関である日本政策金融公庫が貸し付けを行うものと、民間の銀行などの金融機関のものがあり、それぞれに特徴があります。

国の教育ローン

現在の『日本政策金融公庫』は、かつての『国民生活金融公庫』『農林漁業金融公庫』『中小企業金融公庫』が合併したものです。

『日本政策金融公庫』では、教育ローンだけでなく、国民の生活を支援する様々な貸付を行っています。
民間のローンより利率が低いため、利用できれば条件は有利です。

審査は民間ローンと異なり、世帯年収に上限があります。
通常、民間ローンでは収入が高いほどローンの審査には有利ですが、国の教育ローンは経済力が低い人への支援を目的としているため、収入に上限を設けているのです。

民間の教育ローン

民間の教育ローンは、銀行などの各金融機関によって条件が異なります。
いくつかの金融機関から資料を取り寄せて、比較してみると良いですね。

任意整理をした場合

任意整理をした場合

任意整理は、債務整理の中の一つです。
つまり、任意整理をすると信用情報機関に金融事故として記録されるということです。

記録は5年間残りますので、その5年間はクレジットカードやカードローン、その他のローン、お金の借り入れなどが一切できません。
債務整理をしたということは『返済能力がない』という判断になりますので、「返済できない人物にお金は貸せない」ということです。

もちろん教育ローンも例外ではありません。
国の教育ローンも民間の教育ローンも、任意整理から5年間は利用することができません。

家族名義の申し込み

家族名義の申し込み

しかし任意整理の影響は任意整理をした本人だけのものですので、家族に影響することはありません。
ですから、収入のある家族の方が申し込みをすることで、教育ローンを利用することができる可能性はあります。
もちろん審査はありますが、審査に通れば利用は可能だということです。

ただし、教育ローンは契約をした親御さんに返済義務があり、利用した翌月から返済が始まります。
両親のうち、どちらかが任意整理をして、どちらかが教育ローンの契約をしたとしても、家計が同じであれば返済が困難になることは十分考えられます。
弁済中の借り入れとの兼ね合いをよく考えて、返済に無理がない形で利用するようにしましょう。

教育ローンが利用できな場合

教育ローンが利用できな場合

教育ローンが利用できない場合に考えるのは『奨学金』ではないでしょうか。
ここで重要なのは、親が任意整理をした場合でも奨学金の利用は可能なのかという点です。

先にも述べましたように、教育ローンはローンの契約者となる親に返済義務があります。
しかし奨学金の場合、進学をする子ども本人が契約者となり、返済義務は子ども本人にあります。
ですから子ども本人の信用情報に問題がなければ、利用することは可能です。

ただし、自宅通学、自宅外通学、有利子、無利子と、様々な形がありますが、親に一定額の収入がなければ無利子タイプを利用することができません。
また、奨学金の利用には親族から保証人が二人必要となりますが、任意整理をしている人が保証人になることはできませんので、親戚や祖父母などにお願いすることになるでしょう。

進学のための費用

進学のための費用

任意整理を検討している場合、後の5年間は借り入れやローンを利用できないということを頭に入れておきましょう。

教育ローンを受けられずに進学を断念する子どもは少なくありません。
長く続いた不景気の影響は、多くの方を経済的に苦しめています。
この時代にあって、進学のための費用を捻出することが難しい家庭は増えています。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12