任意整理をするべきか?悩んでいるあなたへ・・・

任意整理をするべきか?悩んでいるあなたへ・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理をするタイミング

任意整理をするタイミング

借金の返済をしていると、「この返済がなければなぁ」「借金さえなければ」と思う方は多いでしょう。
借金の返済とはそういうものです。
返済は、大なり小なり負担になるものです。

では、任意整理をするタイミングは一体いつなのでしょう。
借金を負担に感じることが当たり前だとすれば、どの程度負担に感じるようになったら任意整理を考えれば良いのでしょう。

まず第一に、月々の返済額を入金すると残金で生活することが大変だという場合、或いは生活費を優先すると返済が遅れがちだという場合は、任意整理を考えたほうが良いでしょう。
また、イレギュラーに出費があったときに対応するのが困難で借金を重ねてしまう場合や、返済が遅れて債権者からよく電話がかかってくる場合にも、任意整理を考えたほうが良いでしょう。

既に、借金の返済のためにさらに借金を重ねているという場合には、早急に弁護士に相談に行かなければいけないレベルです。

任意整理をするとどうなる?

任意整理をするとどうなる?

任意整理では、ご自身の借り入れの中から整理したい借り入れだけを選択します。
選択した借り入れだけが整理され、支払利息がカットされます。
和解が成立すれば、元本だけの返済、或いは少額の利息の支払いとなりますので、返済総額は減額になります。

任意整理をするべき理由

任意整理をするべき理由

①督促がストップする。

任意整理を弁護士に依頼すると、弁護士が債権者に受託通知を送付します。
受託通知を受け取った債権者は、その時点で督促をすることができなくなります。
これは法律で定められていることですので、督促があった場合には違法となります。

②返済が楽になる。

上記でも述べたように、和解交渉が成立すれば支払利息がカットされ、返済が楽になります。

③誰かに知られる心配はない。

任意整理は、民事再生や自己破産のように官報に氏名や住所が記載されることはありません。
ご自身が口外しない限り、誰かに知られる心配はないので、安心して手続きを行うことができます。

④手軽で費用が安い。

これはあくまでも“民事再生や自己破産に比べて”という話しになりますが、早ければ3ヶ月で成立しますし、費用も債務整理の中では最も安く済みます。

⑤債権者を選択することができる。

任意整理の場合、ご自身の借金の中から自分の都合で借金を選んで整理することができます。
ですから、自動車の没収を避けるために自動車ローンを整理の対象から外したり、連帯保証人を立てている借金の場合には迷惑を掛けないように対象から外すことが可能です。
対象から外した借金は、それまで通りの返済が必要です。

⑥財産が没収されない。

債務整理をすれば財産を没収されると思っている人は意外と多いようです。
しかし実際に財産を没収されるのは自己破産だけ。
しかも没収される財産は20万円以上の価値があるもの、99万円を超える現金、という風に限定しています。

さらには日常生活に必要なものは没収されませんので、生活していくのに困ることはほとんどありません。
任意整理では財産を没収されることはありませんので、失うものがほとんどありません。

任意整理をするべきか?悩んでいる方へ

任意整理をするべきか?悩んでいる方へ

いかがでしたか?
もちろん急いで決める必要はありませんが、あまり悠長に構えていると事態が悪化することも多いに有り得ます。
しっかり考えて結論を出しましょう。

ただし、任意整理をすれば5年間は借金やローンの利用ができなくなります。
クレジットカードやカードローンももちろん使えません。

信用情報機関に金融事故として登録されますので、金融機関や貸金業者では“返済不能”であると判断されます。

しかし信用情報機関の情報を知ることができるのは、機関に加盟している金融機関や貸金業者、クレジットカード会社などだけとなっています。
一般の方が照会することができるのは自分の情報だけとなっていますので、絶対に他人に知られることはありません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12