債権者を選ぶことができる任意整理

債権者を選ぶことができる任意整理

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

選べる債権者

選べる債権者

債務整理をするとなると、全ての借金が対象になると思っている方は多いでしょう。

「自動車を手放したくないから、自動車ローンが残っているうちは債務整理はできないな・・・」
「連帯保証人に迷惑をかけるわけにはいかない・・」
「メインバンクになっている銀行でカードローンを利用しているから・・」

など、全ての借金が債務整理の対象になると思っていることで、債務整理に踏み切れずにいる人もいるようですね。

しかし任意整理であれば、全ての借金を対象にする必要はありません。
ご自身の都合で借金を選択することができますので、整理したくない借金に関しては対象から外せば良いでしょう。

上記の例に挙げた、『自動車ローン』や『保証人を立てた借金』や『メインバンクとして付き合いを継続していきたい銀行からの借金』などの場合、債務整理をすることがむしろ不利になることはあります。
そのような債権者は任意整理の対象から外すことができますので、任意整理は非常にやりやすい債務整理だと言えますね。

和解成立後の返済

和解成立後の返済

任意整理が和解成立すると、弁済計画に従って完済します。
任意整理では支払利息がカットされるため、返済総額は劇的に減額されることが期待できます。

ただし、弁済期間は3年~5年間と決められているため、それまでリボルビング払いをしていた場合には、月々の返済額が高くなる場合もあるでしょう。
また、対象外にした借金が多い場合、返済状況の変化を感じられずに、厳しい借金生活が続く場合もあるかもしれません。

一旦、任意整理をしても弁済が困難だとなると、改めて任意整理をして対象とする債権を増やすか、民事再生や自己破産の申し立てをすることになります。
民事再生も自己破産も、全ての借金が対象となる債務整理です。
何度も債務整理の申請をすると費用が嵩みますし信用を失う恐れがありますので、できるだけ和解後の返済に無理のない形になるよう、任意整理の対象を選択しましょう。

任意整理をする債権、対象から外す債権

任意整理をする債権、対象から外す債権

債権者を選んで整理することができる任意整理ですが、対象にする債権と対象から外す債権はどのように選べば良いでしょう。

任意整理の対象になる債権として挙げられるのは、第一に金利の高い債権ですね。
金利が高い債権は返済額が高額になるため、負担も大きくなります。
支払利息をカットすることができる任意整理では、最優先に選択したい債権だと言えるでしょう。

次に、借入金額が大きい債権を選びましょう。
借入金額が大きいということは、それだけ利息も高くなります。

ただし、金利が低い場合には、考え直しましょう。
というのも、金利の低い債権を任意整理の対象にしてしまうと、その金融機関や貸金業者とは将来的な繋がりを持つことができなくなってしまうからです。

任意整理をすれば信用情報機関に5年間は金融事故として登録されますので、その間は借り入れやローンの利用はできなくなります。
しかし任意整理などの債務整理の対象となった金融機関や貸金業者では、自社の債権を債務整理した人物を記録して、一定年数を過ぎても二度と取引を行うことはありません。
貸したお金を契約通りに返さなかった人物ですから、二度と契約しないのは当然のことかもしれませんね。

ですから、将来的に住宅ローンや教育ローンを利用する機会があるかもしれませんので、金利の低い金融機関や貸金業者は対象から外して、その後の取り引きが可能な状態にしておいた方が得策と言えるでしょう。

また、自動車ローンは対象から外しましょう。
自動車ローンを債務整理すると、自動車が没収される恐れがあります。
自動車を手元に置いておきたい場合には、対象から外した方が懸命でしょう。

さらに、保証人を立てている借り入れがある場合は、こちらも対象から外しましょう。
できれば、保証人を引き受けてくれた人に迷惑を掛けることは避けた方が良いですね。

もしもどうしても任意整理の対象として選びたい場合には、前以て保証人の方に相談をするようにしましょう。
お金のトラブルは、人間関係に大きく影響します。
最低限、報告だけはするようにしましょう。

弁済が可能でなければいけない

弁済が可能でなければいけない

任意整理が成立して弁済計画に則って弁済が始まった際、滞納するようなことがあってはいけません。
そのためにも無理のない弁済計画である必要があります。
つまり、せっかく任意整理をしても、債権の選択を間違えて弁済が困難になるようであれば、本末転倒だということです。

担当弁護士とよく相談をして、後悔しない任意整理を行いましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12