任意整理後の弁済に遅れたら・・・

任意整理後の弁済に遅れたら・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

任意整理後の弁済の遅れ

任意整理後の弁済の遅れ

任意整理をすれば借金の支払い金利がカットされますので、返済総額はかなり減額になります。
ただし、弁済期間が3年と決められており、特別な事情が認められた場合のみ5年間で完済します。
弁済期間中は、期日に遅れることなく決まった金額を入金することが最低限の約束となっています。

しかし3~5年の間には、支払いできないことや、期日に遅れてしまうこともあるかもしれません。
そんなとき、絶対にしてはいけないこととして、『放置』『何も対応しない』ということが挙げられます。

当然ですが、任意整理という法的措置を利用した債務者は、完済するまでは法律によってその立場を見張られているようなものです。
返済できない状況を放置し、何の対応もしないということは、「財産や給料の差し押さえを強制執行されてもいい」ということです。
債権者にとっては、『支払われない借金は、強制執行で差し押さえて返してもらう』ということです。

債権者は任意整理に合意するのと引き換えに、もしも返済されなかった場合には強制執行に踏み切っても良いという法律に守られているのです。
ですから、弁済期日に送れる場合やどうしても払えない場合には、何もせずに放置することだけはやってはいけません。

弁済できない理由

弁済できない理由

任意整理までして、それでも弁済できないという背景には、当然それ相応の理由があるでしょう。
3~5年の弁済ですから、その間、何事もないという保証はどこにもありません。

・病気やケガで治療費が多額にかかる
・失業して収入が途絶える
・税金の滞納で請求がきた
・冠婚葬祭

上記のような理由がある場合には、分かった段階で手を打つ必要があります。

任意整理後の延滞は、2回までが限度です。
2ヶ月連続で支払いが滞ると、期限の利益を喪失して、一括返済を求められてしまうのです。

これは任意整理をする段階で結んだ和解契約に違反することで、分割払いの契約が無効になってしまうからです。
債権者によって対応は異なりますが、絶対に放置だけはしないでください。

放置したらどうなるか

放置したらどうなるか

支払わなければ、支払督促状が何度も家に届くようになるでしょう。
督促状を無視していると、訴訟問題に発展し裁判になります。
その旨、通知には記載されています。

それでも放置すると、債権者は裁判を起こします。
裁判を起こされると、裁判所から呼出状が届き、全額一括で支払うよう申し渡されます。

それでも尚、放置し続けると、強制執行で財産や給料の差し押さえをされてしまいます。
職場には当然バレますし、迷惑をかけることにもなるでしょう。

弁済期日に遅れるときは

弁済期日に遅れるときは

万が一、どうしても弁済期日に遅れてしまう場合や、入金が難しい場合、必ず何らかの行動を起こしてください。
誠意を見せることが大切です。

債権者との交渉

弁済期日に間に合わないと分かった段階ですぐに、債権者に連絡をして相談してください。
前以て分かっている場合、できるだけ早めに連絡した方が良いでしょう。
既に延滞してから連絡をしたり、向こうから連絡が来てから対応するよりも心証が良く、相談に応じてもらえることも多くなります。

重要なのは、期限の利益を喪失する2ヶ月以上の滞納をすると、一括請求を受けるリスクが発生するため、2ヶ月分を超えないように分割払いをさせてもらうということです。
例えば、月1万円の弁済をしている場合、2ヶ月分で2万円です。
2万円を超えれば、期限の利益を喪失してしまうことになるので、そうならないようにするのです。

まず、「支払いが難しい」という連絡をし交渉します。
「金額は不足しますが、出来る限りの金額を入金します」と約束し6,000円入金すると4,000円の滞納となります。
4,000円の滞納であれば、5ヶ月で2万円の滞納となり期限の利益を喪失をすることになります。
つまり、2ヶ月で期限の利益を喪失するところ、5ヶ月間の猶予があるということですね。

もしも既に2ヶ月以上の滞納がある場合、債権者にきちんと事情を説明して謝罪し、返済の相談と交渉をしてみましょう。
債権者によってはすぐに一括請求する場合もありますが、譲歩してくれる債権者もありますので諦めてはいけません。

弁護士か司法書士に相談、債務整理の検討

どうしても弁済が難しい場合、最初に依頼した法律事務所に再度相談をしてください。
一度、減額された借金なので、次に債務整理をする際には任意整理をしてもほとんど減額効果はないでしょう。
むしろ費用が負担となってしまうため、ほかの方法を考えるべきです。

債務整理には、任意整理の次の段階として民事再生があり、その次には自己破産があります。
民事再生では借金の元本が減額になりますし、自己破産では借金がゼロになります。

いずれにしても、弁済の遅延を放置することは絶対にしてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12